アスペルガー症候群の仕事でのミスの特徴とは?

アスペルガー症候群は知的障害を伴わない

発達障害と言われているために、

本人も周囲も気がつきにくい障害です。

アスペルガー症候群のために、

・職場の人とコミュニケーションが取りにくい

・仕事でミスを繰り返してしまう

ということも少なくありません。

アスペルガー症候群の方が仕事でのミスを防ぐには

その特徴を知り改善方法を取り入れる必要があります。

アスペルガー症候群の仕事上のミスの特徴とは

アスペルガー症候群は

・コミュニケーションの障害

・想像力の障害

・こだわりの強さ

などの症状を持つ発達障害です。

そのため、仕事でミスを重ねてしまうことは

珍しくありません。

どのようなミスがあるのか特徴を見ていきましょう。

特徴1:計画を立てて行動ができない

アスペルガー症候群の方は

自分で仕事の段取りや計画を立てる

ということが苦手です。

仕事の全体像をイメージすることができないため、

どのように管理をしたら良いのかわかりません。

そのため、納期に間に合わないという

ミスを起こしてしまいます。

特徴2:複数のことを同時にできない

複数の仕事を同時に処理できないので、

上司からいくつもの指示をされると

バニックになってしまいます。

「わからないこともわからない」

という状況に陥るので、

自分がわかった部分だけ

とりあえずやってみようとします。

そのため、上司から指示されたことと違う

というミスを起こします。

特徴3:臨機応変に対応ができない

アスペルガー症候群は

いつも同じことを行うことが得意です。

一方で、不規則なものやイレギュラーなことへの

対応が難しいために仕事で臨機応変に

と言われてもそれに応じることができません

また、空気を読むということが難しいため、

人に合わせた行動を取ることも

できない場合がほとんどです。

忘れ物や同じミスを繰り返してしまう

特定のものに集中すると

他のことに気が回らなくなるアスペルガー症候群は、

忘れ物や業務ミスを繰り返してしまいます。

身の回りの整理整頓も苦手な傾向にあり、

仕事場の机の上が乱れているという人も多いようです。

アスペルガー症候群が仕事でのミスを改善する方法

自分がアスペルガー症候群であることを認める

アスペルガー症候群の方が仕事でのミスを防ぐには、

自分がアスペルガー症候群だと

認めることが重要です

仕事が覚えられない、ミスを繰り返してしまう

努力をしているが改善できないし原因もわからない

という場合はアスペルガー症候群ということも。

自覚のない場合は、

まずは自分の症状を知り自覚をする

ということがとても大切なのです。

仕事場にアスペルガー症候群であることを告げる

自分がアスペルガー症候群であることが自覚できたら、

職場にそのことを告げてみましょう

スムーズに仕事を行うためには、

職場の理解が必要になります。

発達障害のために難しいという仕事もあります。

職場の理解を得てサポートしてもらうことで、

ミスも防げ働きやすい環境に改善できます

手順メモを作り仕事でミスを予防

仕事のミスを防ぐには、

業務の「手順メモ」を作ると良いですよ。

ひとつひとつの業務の手順を紙に書くことで、

確認しながら作業を進められます。

規則性を持たせることで

アスペルガー症候群は高い能力を発揮できます

⇒メモしても無駄?アスペルガーの仕事のミスはメモの取り方にも問題が!

アスペルガー症候群で仕事でミスが続く場合

アスペルガー症候群の方は自覚がなかったり

職場からの理解が得られない場合は、

仕事でミスが続き働きにくさを感じてしまいます。

アスペルガー症候群はいくつかの障害はありますが、

実は誰よりも高い能力を秘めているのです。

自分が得意とする分野や専門知識の高い分野を

仕事の中で活かせると生活環境は

見違えるほどに改善できます。

もし今の職場は働きにくいと感じたら、

あなたの向いている仕事に転職をしてみてくださいね。

⇒仕事のミスから抜け出す!アスペルガー症候群の転職方法とは?