うつ病で転職したら「ばれる」?安心して仕事をするには

うつ病になって仕事を辞めるケースは

とても多いですよね

その後、生活すためには

転職をしなければなりません。

ただ転職先に

自分がうつ病だと

ばれるのは避けたいところ

新しい職場で安心して生活するには

どのようにバレない対策を

とればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

転職先にうつ病は「ばれる」のか?

うつ病,転職,ばれる,成功,就活,就職,転職活動,精神障害者支援サービス,転職エージェント

前の会社でうつ病になり

転職するとなると、

転職先に自分のうつ病が

ばれるのは避けたい

と思うかたは多いのではないでしょうか。

うつ病がばれると

  転職活動がしにくくなる

  転職先の周囲の目が気になる

  昇進に影響しそう など

多くのデメリットを感じてしまいます。

うつ病で転職したのがばれるとクビになる?

もし、うつ病を隠して転職した場合、

転職後にばれると

どのようになるのでしょうか?

転職後にうつ病がばれると

職場によって問題になることもあります。

勤め先の就業規則などによるので

はっきりしたことは言えませんが、

最悪クビになることも

ないとは言い切れません。
 

バレたときの対処法

転職先にうつ病がばれると

上司から説明を求められることもあります。

その際は誠意をもって謝る、

業務には支障はないことを

きちんと伝えることが大切です。

うつ病でばれることなく転職する方法

うつ病,転職,成功,障害者,就職活動,面接,アスペルガー,仕事,ミス

うつ病でばれることなく転職するには

体調が万全になってから

働くことをおすすめします

体調不良が残りながら転職すると

はじめはばれることがなくても、

仕事が忙しくなるにつれ

うつ病の症状が表に出てしまいます。

さらに、前職でうつ病になり

休職していたときは

転職先に源泉徴収票を提出したときに

ばれることがあります

明らかに所得額が低いと

休職していたことが予測されるので

休職理由を聞かれるかもしれません。

うつ病でも安心して転職をするには

うつ病,転職,成功,障害者,就職,給料,コミュ障,仕事できない

転職先にうつ病であることを隠していると

罪悪感を抱えたまま

仕事をしていくことになります。

常にうつ病がばれるのではないかが

気になるので、

職場仲間と打ち解けることも

難しくなります。

そのため、

転職して安心して仕事を続けるには

うつ病であることを伝えた上で、

内定をもらった方が

断然働きやすいのです

ただ、一般の求人でうつ病を告白すると

転職活動が難航してしまう場合があります。

そこでおすすめなのが、

障害者向けの転職エージェントの

活用です。

うつ病は精神障害者として区分されるので

障害者枠の求人に応募することができます。

障害者向けの求人を利用できると

うつ病に理解のある企業に

転職することができます

  うつ病でも安心して仕事がしたい

  体調に合わせて働きたい

  うつ病の悪化を防ぎたい

そんな方におすすめです。

うつ病を隠したまま転職するのは

長い目で見たときにベストな方法とは

言えません。

ばれることを恐れるよりも

はじめに理解を得る方が

転職後の成功につながります

うつ病で転職したいという方は、

ぜひ障害者向けの転職エージェントを

活用してみましょう。

↓ ↓ ↓

ばれる前に理解を得る!うつ病を支援してくれる転職サービスはこちら