「空気読めない」の意味とは?KYの特徴と対処方法

「空気読めない」ってどんな意味?

と思ったことはないでしょうか。

一般的に、

その場の雰囲気に馴染まない

ことをしてしまうと、

空気読めない人だなと言われてしまうことがあります。

でも、実際に「空気を読む」とは

どんなことを指すのでしょうか?

その意味と空気が読めない人の特徴をご紹介します。

「空気読めない」=「KY」の意味とは?

空気が読めないことを「KY」とも呼びますが、

これはどんなことを意味するのでしょうか。

KYは女子高生の間で使われていた言葉が、

広がったものだと言われています。

空気読めないってどんな意味?

空気が読めないとは、

・その場に合った言葉を選ぶ

・その場に合った態度を選ぶ

・適切なタイミングで物事を行う

これらのことができていない場合を示します。

つまり、「その場の雰囲気を読み取る」ことが

できない場合に、空気読めないKYな人だと

言われてしまうのです。

空気読めない人の特徴

一般的に空気が読めない人の特徴をあげると

次のようなものがあります。

・自己中心的な人

・視野が狭い人

・人の気持ちを読み取れない人

・自分のことばかりを話す人

・冗談を真に受けてしまう人

・真面目すぎる人

・協調性がない人

・他人を尊重できない人

空気が読めていない場合、

その場に合った行動をとることができません。

それらの場合は、

自分中心の発言をしたり、

人の話を聞かなかったり、

周囲の気持ちを考えていないことが

とても多く見られます。

KYと呼ばれたときの対処方法

空気読めない人だと言われないためには、

その時々の環境に合わせて、

適切な行動を選ぶことが重要です。

まずは会話の真意を知り、

今相手が何を想っているのか、

どんな言葉が欲しいのかを考えてみましょう。

次に、自分は何をすべきなのかを考えます。

相手に合わせた行動を適切なタイミングで行うことは、

親しい仲間内でもビジネスの場面でも

欠かせないのです。

つまり、KYと呼ばれてしまった人は、

相手の気持ちを読み取ろうとすることを

はじめることが大切なのではないでしょうか。

今、この言葉を口に出しても良いのか、

この行動は適切か、

など、実際に行う前に考えてみることが

重要となるのです。

空気読めない人と言われないために

空気読めないKYの意味はつかめてきたでしょうか?

実際、自分が「空気読めないKYな人」だと感じる方は、

意外と多いと言われています。

人はいつも周囲の空気を読み続けることはできません。

自分のことで手一杯だったり、

疲れていたり、

悲しいことがあったり、

その時々の状況で周りのことが

見えなくなってしまう場合もあります。

また、空気を読み過ぎることで、

自分の意見を潰してしまうのも残念なことです。

そのため、

その場の雰囲気を読み取ることは必要ですが、

空気を読むことだけにとらわれ過ぎず

バランスを取ることもとても重要なことなのです。

ただ、

・まったく他人の気持ちが理解できない

・自分はKYといつも言われてしまう

・他人との会話がいつも成立していない

など、コミュニケーション自体が困難な人もいます。

このような対人関係でのトラブルが

絶えないと感じるのであれば、

アスペルガー症候群という発達障害

場合もあります。

発達障害は個人の性格ではなく、

脳の機能障害が原因と言われているものです。

ひとりで抱え込むとうつ病などの二次障害を

引き起こしてしまう場合があるので、

アスペルガー症候群の場合は注意が必要です。

⇒「空気読めない」は病気なの?