空気読めない男性の特徴とは?あなたができるたった1つの対処法

空気読めない男性は出世や恋愛で苦労をします。

その場の空気を乱したり

相手の気持ちを読み取れない男性は、

周りから煙たがられて距離を置かれてしまう

ことも少なくありません。

職場で浮いた存在になりやすい、

女性から嫌われやすい、

そんな空気読めない男性の特徴をご紹介します。

空気読めない男性の特徴

人の話を聞かない

空気読めない男性の特徴は

とにかく人の話を聞きません

・自分が話したい

・注目されたい

というような想いが強いためか、

人の話を聞かず他の人の会話に割って

入り込もうとします。

また、人の会話を聞いていないために、

全く違う話を突然はじめることもあります。

自分が話すときは自分の興味のある話しかせず、

他人が質問をしても

それにはほとんど応えない場合もあります。

自分の意見を曲げない

自分の意思を曲げることができず、

例え自分が間違っている場合でも

それを認めることができません。

他人の意見を聞き入れられないので、

仕事やプライベートなどさまざまなシーンで

よく人と衝突することがあります。

冗談を本気にする

空気読めないと言われる男性は

生真面目な人が多く、

他人が言った冗談を真に受けます

そのため、冗談に対して怒ってしまったり、

笑い話にできずに場の空気を乱すことも

しばしばあるようです。

また、仕事上での社交辞令の挨拶なども

上手くできない場合があり、

営業をしているときに困ってしまった

という経験を持つ方もいます。

視野が限定されている

視野が狭く、別の見方で考える

ということができないために、

空気読めない男性と言われてしまう人もいます。

視野が限定されている人は、

物事を一定の方向からしか

見ることができない

という特徴を持ちます。

そのため、自分の一度思い込んだことは、

他の人がどう説明しても理解ができないのです。

人に興味がない

人に興味がないために、

空気読めない男性と見られてしまうこともあります。

自分の好きなことにしか関心が持てない人は、

他人と関わることがわずらわしくなります。

そのために、

・共同作業ができない

・集団行動に入りたくない

・コミュニケーションを取ることが面倒

など人と関わることを避ける

ということもあるようです。

空気読めない男性が取り入れたい対処法

空気読めない自分に悩んでいる男性や

その特徴に当てはまっている方は、

人間関係を改善するために

「しゃべらない」

ということをはじめてみましょう。

空気読めないと言われる男性の問題点は、

・自分の意見を主張する

・自分が興味のある話ばかりをする

・他人の話しを聞かない

という3つの特徴を無くすことが重要です。

そのためには、

「しゃべらない」ことに徹し、

さらに「聞き手にまわる」

ということで改善ができます。

特に上司や女性と上手く関わりたいときは、

とにかく相手の話しを聞いて、

尊重することが欠かせません!

今の自分は空気が読めていないなと感じたら、

ぜひ聞き手にまわるスタイルを

取り入れてみてください。

⇒空気読めない男性必見!職場での立ち回り方法とは?