「空気読めない」を治す方法。脱KYを目指すために!

「空気読めない人」と言われたことはありますか?

人とコミュニケーションを上手く取っていくためには、

周りの空気を読むことが必要になります。

ただ、人と話すことが苦手で人間関係に悩んでいる

という方は多いのではないでしょうか。

人と話しをしていると空気を乱してしまう、

相手を怒らしてしまうことがあるという方のために、

「空気読めない」を治す方法をご紹介します。

「空気読めない」を治す3つの方法

「空気読めない人」とはどのような人なのでしょうか?

一般的に、

・その場の雰囲気を壊すような発言をする

・相手の気持ちを考えずに思ったことを口に出す

・自分勝手な行動をとる

などの特徴が挙げられます。

これらの行動を治すためには、

次のことを実践すると良いですよ。

1. 相手の顔を見る

空気が読めないということは、

相手の気持ちや周りの雰囲気を

感じ取れていないということです。

これを治すためには会話をするときに

「相手の顔を見る」ということが

とても大切になります。

人の気持ちを読み取りたいときは、

話し手の表情や目をじっと見ることが必要です。

「何を想いながら話しをしているのかな?」と

常に考えながら人と会話をしてみると良いですね。

2. 聞き役にまわる

空気を読めない人は、

自分の話ばかりをしてしまう傾向にあります。

人と会話を楽しむには、

言葉のキャッチボールが欠かせません。

これを治すには積極的に「聞き手に徹する」ことから

はじめてみましょう。

まずは、相手の話しを聞くことからはじめて、

相手をじっくりと観察してみましょう。

相手の話しに耳を傾けることで、

話し手の言いたいことを読み取れるようになります。

3. 一拍おいて言葉を発する

つい、相手を傷つけてしまうことを

口に出してしまうときは、

一拍おいて言葉を発することを心がけてみてください。

・これを言ったら相手はどんな気持ちになるかな?

・自分が言われたら嫌な気持ちにならないかな?

など、相手の立場になって考えることで、

空気が読めないことを治すことができます。

会話をするときにすぐに応えてしまうと、

考える時間がほとんどありません。

即答しなくても相手は待ってくれます。

自分の中で適切な答えが見つかるまで、

心の中で言葉を選ぶようにしてみましょう。

空気読めない人と言われないために

空気読めない人と言われてしまうのは、

相手の立場に立って物事を考えていないときに

よく言われてしまう言葉なのではないでしょうか。

自分が空気の読めない人だと感じるときは、

どんなときにそれの状態をつくってしまうのかを

もう一度思い返してみましょう。

・相手の話しを聞く

・相手の表情を読む

・言葉を選ぶ

この3つを取り入れることで、

空気が読めない性格を治すことができます。

ただ、中には性格からではなく、

相手の興味がない

相手の気持ちを読み取れない

という方もいます。

これはアスペルガー症候群と呼ばれる、

脳の機能障害によるものである可能性があります。

・人よりコミュニケーションを取ることが困難

・「空気読めない」ことの自覚がない

などがある方は、

アスペルガー症候群のセルフチェックを

してみてはいかがでしょうか。

⇒自分は空気読めない?アスペルガー症候群のセルフチェックはこちら