空気読めない子供は病気?発達障害の特徴とは

うちの子供は空気読めない……。

と、悩んでいる方はいませんか?

周りの人から変わったお子さんだねと言われたり、

家庭で激しい育てにくさを感じているのであれば、

もしかして病気なのでは?

と思ってしまう場合もあります。

「空気読めない」ことが全て病気や発達障害に

直結するわけではありません。

ただ、今後も子育てをしていく中で

ひとつの可能性として

その特徴を知っておくことは

大切なことかもしれませんね。

空気読めないうちの子供は病気なの?

うちの子供は空気読めない……

子供が少し成長すると、

「うちの子は空気が読めない」と

想い悩む方もいます。

そういったご家庭では、

とにかく小さいときから育てにくさを感じることが多く

赤ちゃんの時期から「何だか変わっている?」

と疑問を抱くことも少なくないようです。

また、成長してからは、

人を不快にさせる発言をする

落ち着きがない

他人に合わせた行動ができない

など、同じ時期の子供と比べると

空気読めないと感じさせる言動を取ります。

ただ、知的能力や身体的能力は

他の子供とほとんど変わらないために、

これは病気なの?と

対応に困ってしまうご家庭も多いようです。

このように、他人とコミュニケーションを取ること

それだけができないという場合は、

アスペルガー症候群の疑いがあるかもしれません。

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群は、

先天性の脳の機能障害を原因とする発達障害

だと言われています。

アスペルガー症候群は病気ではなく

障害として位置づけられているもので、

その症状は

・コミュニケーション障害

・対人関係の困難さ

・こだわりの強さ

の3つが挙げられます。

子供のアスペルガー症候群の特徴は

次のようなものがあります。

・他の子供とごっこ遊びができない

・運動神経が鈍い

・会話をするときに目を合わせない

・話し方に独特な抑揚がある

・会話が噛み合わないことが多い

・自分のこだわりが強い

・規則正しい一面を持つ

・数字や文字を覚えることに長けている

・想像して物事を考えることができない

アスペルガー症候群であると

これらのような特徴が見られるために、

空気読めない子供と思われれしまう

ことも少なくありません。

⇒子供のアスペルガー症候群の特徴を詳しくチェック

「空気読めない」と「発達障害」の関係性

もちろん空気の読めない子供全員が、

発達障害というわけではありません。

ただ、コミュニケーション能力などを調べた結果、

アスペルガー症候群だったという方も

実際にいらっしゃるのは事実です。

そのため、もし、

・激しい育てにくさを感じる

・集団健康診断などで指摘を受けた

など気になることがある方は、

病気ではなくアスペルガー症候群の診断を

してみてはいかがでしょうか。

アスペルガー症候群は完治はできない

障害だと言われていますが、

改善することは可能です。

障害をそのままにしておくと、

子供も家族も生きづらさを感じ、

生活に悩むことになってしまいます。

日常生活の取り組みで今後の将来が大きく変わるので、

・子供の症状を改善したい

・家庭環境を良くしたい

・辛い子育てから解放されたい

という方は、アスペルガー症候群の改善方法を

取り入れてみてください。

⇒私がアスペルガー症候群を改善した方法はこちら