空気が読めない人に向いている仕事は?適職まとめ

空気が読めない人に

向いている仕事は何?

と気になっている方は

多いのではないでしょうか。

「空気が読めない=KY」と呼ばれる人は、

相手に気を配るということが苦手です。

そのため、職場でいつの間にか

上司や同僚を怒らせてしまい

トラブルを抱えてしまうことも

少なくありません。

空気が読めない人が

トラブルを防ぐためには

向いている仕事に就くことが

一番なのです。

空気が読めない人の

適職と避けるべき仕事を

早速チェックしてみましょう!

空気が読めない人に向いている仕事ってあるの?

空気が読めない人,向いている仕事,適職

空気が読めない人は相手の立場になって

物事を考えることが苦手です。

そのため、仕事でトラブルを

引き起こしやすくなります。

しかし、向いている仕事に就くことで

空気が読めないということを

気にすることなく

仕事を楽しめるようになります。

いろいろな仕事をして

失敗を重ねていると

空気が読めない人に

向いている仕事なんてあるの?

と思われがちです。

ですが、実は空気が読めない人は

まじめでコツコツ型のタイプが多いので

ぴったりの適職を見つけられるんですよ。

空気が読めない人に向いている仕事はコレ!

障害者,就職,現状,空気が読めない,向いている仕事,適職

空気が読めない人に向いている仕事は

次のリストを参考にしてみましょう。

空気が読めない人の適職リスト

 icon-check-square-o 運転手(配達員やトラックなど)

  工場の検品作業員

  研究者

  プログラマー

  ライター

これらの職業は

全て人との関わりが少ないので

空気が読めないと言われる人でも、

人付き合いに気にすることなく

仕事をこなせます。

おすすめの就職先は

大企業よりも中小企業です。

大企業は職場仲間も多いので、

意外と人付き合いに

気を配らなければなりません。

空気が読めない人と

周囲に思われてしまうと

働きにくくもなるので、

できればアットホームな

中小企業を選んでみましょう。

空気が読めない人は個人プレーの仕事がおすすめ

空気が読めない人の適職とは、

個人プレーで作業ができる

というところがポイントです

個人で仕事ができるような内容であれば、

もちろん他の職業でも上手くはずです。

向いている仕事リストの中に

気になるものがあれば、

仕事の始め方をチェックしてみてください。

運転手になる方法とは

運転手は配達員やトラックの運転手など、

ひとりで業務ができるものがおすすめです。

任された商品を配達先まで運ぶ仕事は

1日中ひとりでできるので

空気を読む必要はありません。

反対に、タクシーやバスの運転手など

人を乗せる仕事は

相手の空気を察知する必要があるので

おすすめできません。

配達員やトラックの運転手は

求人募集が多いので

待遇や給与などを

見比べて応募してみましょう。

工場の検品作業員になる方法とは

工場の検品作業は

ベルトコンベアで流れてくる製品を

検品していく仕事です。

数人のチームになって

作業をすることが多いですが、

担当する作業が決まっているので

空気が読めない人にも

向いている仕事の1つです。

仕事は短期でできる

アルバイトやパートから、

派遣、正社員など勤務形態を選べます。

検品作業はアルバイトや派遣で働く人が

多い仕事のようですよ。

研究者になる方法とは

黙々と1つのことに集中するのが好き、

高所得を狙いたいという方は

研究者がおすすめです。

研究者は専門スキルを身につければ

他人の顔色を伺うことなく

自分のペースで仕事ができます。

研究者になる方法は、

大学院を卒業することが一般的です。

卒業後に企業の研究部署に就職したり、

公的機関の研究員になる、

そのまま大学に残る、

などの道が選べます。

ライターになる方法とは

ひとりで黙々と

記事を書き続けるライターは

空気が読めない人に

向いている仕事です。

ライターは企業に就職して

任された記事を書く方法や

フリーランスになって

依頼された記事を書く方法があります。

フリーランスの方が

人と関わることが少ないですが、

企業に就職した場合でも

ほとんど周囲を気にすることなく

作業を進められます。

フリーランスになると

仕事を自分で取ってこなければならないため、

自分で行動を起こすことが苦手という場合は

企業努めのライター業を選ぶと安心です。

プログラマーになる方法とは

プログラマーは空気が読めない人や

コミュ障に選ばれている職業です。

男性が多い仕事ですが、

最近は女性のプログラマーも

少しずつ増えているようです。

プログラマーは

開発作業が中心になるので、

空気を読むよりは

「プログラム言語を読む」

ということが重要になります。

プログラマーのメリットは

 icon-chevron-circle-right 勉強すれば初心者でもスキルを身につけられる

  収入アップを狙いやすい

  スキル次第で優良企業に就職できる

というポイントがあるのでおすすめです。

ただ、

企業は経験者を

採用したがる傾向が強いので、

初心者の方は実務経験に等しいスキルを

身につける必要があります。

初心者からプログラマーになりたい!

という方は、

スキル実績が積めて

就職サポートしてくれる

エージェントを活用してみましょう。

⇒未経験でも安心!空気が読めない人のためのプログラマー就業支援

空気が読めない人が避けるべき仕事

空気読めない,治す,空気が読めない,向ている仕事,適職

空気が読めない人の適職をご紹介しましたが、

向ている仕事とは反対に

向いていない仕事もあります

適職に就けないというときは、

向いていない仕事を避けて

仕事を選ぶことを考えてみましょう。

向いてない職業とは、

・接客や営業

・看護師

・テレフォンオペレーター

・営業事務

などです。

これらの仕事は

対人関係を最も重視する職業なので、

空気が読めない人には

不向きと言えるでしょう。

空気が読めない人は障害かも?

大人,アスペルガー,症状,空気が読めない,向いている仕事,適職

空気が読めない人は

アスペルガー症候群という場合もあります。

アスペルガー症候群は、

人の気持ちを想像することが困難

という障害を持っています。

そのため、

 icon-check-square-o 大人になって人間関係でトラブルを起こしやすい

  すぐ人のことを怒らせてしまう

  その場にそぐわない行動をとってしまう

などの特徴が見られます。

発達障害の場合は障害者向けの転職活動で成功する

アスペルガー症候群などの

発達障害を持っている人は、

就職・転職活動をはじめると

空気が読めないことで

面接に通過しにくい

という悩みを抱えるようになります。

発達障害は周囲の人に

理解されにくい障害なので、

一般求人を受けることは

デメリットばかり。

採用されないだけでなく、

もし就職できたとしても

業務がスムーズにできないことで

仕事をクビになることも少なくありません。

空気が読めない病気(発達障害)

であるときは、

働きやすい職場を見つけるために

障害者枠で就職・転職活動を

してみると良いですよ

⇒発達障害の就活成功の特徴をチェック!空気が読めない人が転職する方法

アスペルガー症候群を改善するには

空気が読めないということを

改善したいときは

アスペルガー症候群の傾向を知って

人との付き合い方を見直してみましょう。

空気が読めないことを改善することで、

周囲の人たちや仕事先で

ずっと生活しやすくなります。

まずは自分の症状を知る

ということが大切なので、

アスペルガー症候群の

診断チェックを試してみましょう。

⇒空気が読めない人はアスペルガー?診断チェックを試してみる