発達障害の就職困難事情。成功させる方法とは

発達障害を抱えていると

就職がとても困難だと言われています。

能力の凹凸が激しいために、

できること・できないこと

とてもはっきりと別れてしまいます。

発達障害の場合の就職困難事情と

成功のための方法をご紹介します。

発達障害の就職困難事情

発達障害の場合は能力の凹凸が激しい

発達障害を抱えていると、

障害があることで能力の凹凸が

とても激しく生じてしまいます。

アスペルガー症候群の場合で考えると、

数学的ことはずば抜けて得意だが、

社会性が全くないなど

得意な分野と不得意な分野が

明確に表れることがあります。

このように仕事において困難な部分が大きい場合は、

発達障害のために就職ができない

ということにつながってしまいます。

発達障害は人に理解されにくい

また、発達障害は目に見えて

障害を確認できないものもあり、

他人から理解を得ることが難しい

と言われています。

また、通常に生活を送れる発達障害の場合は、

障害者手帳をもらえないこともあるので、

さらに他人から理解されることが少なくなります。

こうした場合は、

・社会性がない人

・人付き合いができない

と思われてしまい、

就職が困難になってしまいます。

二次障害が影響しやすい

発達障害を持っていると、

うつ病や睡眠障害、強迫障害などの

二次障害を引き起こしてしまう

ことがあります。

二次障害がある場合、

・体調が悪く会社に行けない

・仕事でトラブルを起こしやすい

などの問題が起こります。

これらの二次障害は、

採用しても仕事ができないかもしれない

という企業側のリスクとなります。

企業側のリスクは就職をする上で

デメリットとなるために、

大きな不安材料となってしまいます。

就職採用率が低い

障害者の就職採用率は年々上昇しているようですが、

それでも困難な状況の元に活動している方が

たくさんいます。

新卒採用率は4人に1人の割合だと言われています。

発達障害を持つ知的障害者や精神障害者は、

身体障害者に比べて大変低くい就職率のようです。

発達障害は明確な障害が目に見えないので、

企業側のサポートが困難などの

問題が挙げられています。

⇒発達障害は就職困難!雇用率の実態は?

給料が低い

常用労働者に比べて障害者の給料が低いことも

就職問題のひとつです。

発達障害を持っている方の場合は、

常用者の半分以下の給料しかないと言われています。

平均給料は約11万円~12万円で、

生活が困難と言われる方も少なくありません。

⇒発達障害の就職問題!給与を上げのは困難?

困難をカバー!発達障害の就職成功方法

能力を活かした仕事を選ぶ

発達障害で就職を成功させるには、

自分の能力を活かせる仕事を選ぶ

ことが重要です。

能力の得意・不得意はありますが、

強みを活用することで

不得意な面を補う方法を考えることができます。

反対に自分の適性に合っていない就職先を選んだ場合は

仕事や人間関係のトラブルが増えてしまい、

辞めなければならない状況をつくってしまいます。

そのため、仕事を選ぶときは、

自分の発達障害・症状・特技などを

考えながら就職先を決めてみてください

⇒発達障害「アスペルガー症候群」に合った就職先はこちら

就職支援サービスを利用する

発達障害を抱えている方は、

一般の就職活動では採用されない

という悩みを持つ場合が多いようです。

そのため、就職が困難で

面接で落とされてしまうという場合は

就職支援サービスを活用してみましょう。

就職支援サービスはあなたの特性を活かせる

仕事先を見つけてくれます

就職後もスムーズに働けるように

サポートしてくれるので、

発達障害の方も安心して仕儀とを続けられるでしょう。

⇒発達障害の就職救世主!就職支援サービス活用法とは