【発達障害向け】障害者が転職に有利な資格とは?

発達障害を抱えている障害者は、

コミュニケーション能力が困難だったり、

社会性に障害があるために

転職活動で不利な場合が多くなります。

書類選考や能力テストでは通過できるが、

面接になると落とされる……という場合も。

そこで、少しでも転職活動が有利になればと

思っている障害者の方に

おすすめの資格をご紹介します。

発達障害の転職活動!障害者におすすめの資格とは

障害者が転職に有利な資格とは

発達障害を抱えている方は、

コミュニケーション能力や社会性に障害があるために

面接になると落とされるというケースがあります。

ただ、転職活動を成功させるためには、

必ず面接の通過が必要ですよね。

そのため、面接を有利に進めるために、

資格を取りたい!という

障害者の方は多いようです。

転職活動を行っている障害者の方に人気の資格は、

・英検

・簿記

などです。

英検や簿記は一般的にも有利な資格

だと言われているので、

2級以上を持っている方はぜひ履歴書に

書くと良いですね。

他にも持っていると有利な資格は、

・パソコン実務系

・IT情報関連

・デザイン関連

などの専門的な資格を取ると良いでしょう。

ただ、発達障害を抱える障害者が

転職を成功させるためには、

資格よりも大切なことがある

ということを知っておく必要があります。

転職に資格は必要ない?

転職にはもちろん資格が左右されることがあります。

ただ、仕事をするために重要なものは、

それだけではないことを知っておきましょう。

仕事をする上では会社と自分の関係を

最適化することが必要になります。

そのためには、

・自分の適性に合った仕事に就く

・職場環境に馴染める

・できないところをどのようにフォローするか

などを考えることが重要なのです。

つまり、有効な資格があっても、

企業と自分のニーズがマッチングしていない場合は

転職活動は成功しないのです。

障害者が転職を成功させるには

発達障害を持つ障害者の方が転職を有利に進めるには、

資格を取るよりも、

ニーズに合った仕事や転職先を探すと良いでしょう。

企業のニーズと自分のニーズを

マッチングさせる

ということが何よりも重要だと

まずは知っておきましょう。

また、転職を繰り返している発達障害の方は、

自分が障害者であることを企業に伝えていますか?

もしカミングアウトをすることに悩んでいる場合は、

ぜひ企業に理解してもらった状態で

転職することをおすすめします

自分が障害者であることを伝えると

転職が不利になるのでは?と思ってしまいますが、

伝えることで就職後にフォローしてもらいながら

仕事を続けられます。

自分に適した仕事に就く、

障害者として転職するときは、

仕事探し、面接、転職後のアフターフォローまで

しっかりサポートしてくれる

転職支援サービスを活用してみてください

障害者向けの転職支援サポートは、

自分の症状を理解してくれて

ぴったりの仕事を紹介してくれますよ!

⇒障害者におすすめの転職支援サービスとは?