発達障害におすすめの就職先とは?事例と就職方法

発達障害を抱えている方は、

なかなか就職できない……

つらい悩みを抱えているのではないでしょうか。

・コミュニケーションに障害がある

・社会性が未発達

・二次障害がある

など、日常生活や対人関係が困難な場合は、

就職先が決まらないということも少なくありません。

ただ、生活をしていくためには、

仕事をしなくてはいけませんよね。

そこで、発達障害の方の就職成功事例と

就活方法をご紹介します。

発達障害におすすめの就職先

自分に適した就職先を選ぶ

発達障害を抱えている方は、

社会に出て「生きづらさ」を感じる方がほとんどです。

就職先でも

・人間関係でトラブルを抱える

・周囲から孤立してしまう

・いがらせを受ける

・仕事が上手くできない

などの悩みを抱えてしまいます。

こうしたストレスが積み重なると、

うつ病などの二次障害を引き起こしてしまう

という場合があります。

二次障害を併発してしまうと、

仕事に行くことができない……

などの生活自体が困難になってしまうことも。

そのため、発達障害の方が就職先を選ぶときは、

自分の症状や適性に合わせて

仕事を決めることが大切です

ひとつの就職先で長く仕事をしたい、

働きやすい職場を探したいという方は、

次の就職成功事例を参考にしてみてください。

就職事例1 トライアルから本採用へ

Aさんは自分は発達障害のために

自分にはできる仕事がない

と就職に悩んでいたそうです。

自分に自信が持てず、

面接でも上手くいかないために、

就職試験は不採用が続いたそうです。

そんな中、障害者であることを

理解してくれる就職先が現れました。

自分のできることを認めてくれ、

努力をすることで次の仕事をもらえる

まずはトライアルからスタートし、仕事を覚える。

仕事ができると適切に評価してもらえる。

このような仕事での評価から自分に自信を持て

意欲的に仕事ができるようになったAさんは、

この就職先で本採用への道をつかんだようです。

就職事例2 無表情が活かされる仕事に

アスペルガー症候群のBさんは、

感情表現ができず無表情のために

どの面接でも不採用だったと話されています。

スキルがあっても就職先が決まらないとこで、

焦りや不安で大変悩まれていたようです。

そんな中、出会ったひとの会社で、

「無表情こそ活かされる仕事がある」

言われて就職先が決定しました。

仕事内容は経理の仕事。

自分の短所だと思っていた部分が、

会社のニーズに合致したことで

就職が成功したのです。

発達障害は就職先を選べない?成功させる方法とは

つまり、発達障害の方が就職するためには、

自分の特性を理解して

企業とのニーズを合わせる

ということが大切なのです。

発達障害の場合は

・就職先が選べない

・給料などの条件が選べない

などと言われていますが、

そんなことはありません。

障害を持ちながら就職を成功させるためには、

分の特性を理解して

活用してくれる企業を探す必要があります。

そのため、就職を有利に進めるには、

障害者向けの就職支援サービスを

活用すると良いですね!

就職や転職などをプロがサポートしてくれるので、

障害に理解のある就職先が必ず見つかります。

就職できないことで悩んでいる方は、

ぜひ利用してみてくださいね。

⇒発達障害でも安心!ぴったりの就職先を見つける方法とは