大人の発達障害必見!就職・転職支援サービスの活用方法

大人になって発達障害を抱えている方は、

社会での生活で生きづらさを感じてしまいます。

特に、自分に適した仕事に就けない場合は、

業務上や人間関係のトラブルが絶えない……

そんな毎日を過ごしてしまい

ストレスばかりを受けてしまいます。

自分に合った職業に就きたいと考えている方は、

自分の特性や条件に合わせて仕事を紹介してくれる

転職支援サービスを活用してみましょう!

大人の発達障害で利用したい転職支援サービス

大人の発達障害の転職活動

発達障害の方の転職活動では、

・ハローワークの障害者枠を利用する

・民間の転職支援サービスを活用する

などの方法があります。

ハローワークの障害者枠を活用するときは、

障がい者手帳が必要になるようです。

・自分の特性を活かす

・やりたいことを仕事にしたい

と思ったときは、

民間の転職支援サービスがおすすめです。

民間の転職支援サービスを活用すると、

自分のニーズに合った仕事を紹介してくれる

という大きなメリットがあります。

発達障害を持っている場合、

ここでひとつの選択をしなければいけません。

それは、自分の障害をカミングアウトするかどうか。

カミングアウトのメリットは、

・発達障害を理解した上で仕事を紹介してくれる

・企業先にも理解を得られやすい

デメリットは、

・就業できる企業が限られる場合がある

・給与などの条件が下がることがある

などが挙げられます。

自分の障害のカミングアウトは個人の自由です。

ただ、長期的に仕事を就きたいと考えるならば、

転職の際に告知をすることは

とても大切なことだと私は思います。

実際に、自分の障害を伝えることで、

マイナス面をカバーしてもらえ、

スキルに合わせて仕事をもらえます

万が一、発達障害だと告知したことで

断れれる企業があった場合は、

転職後に仕事が上手くいかなかったときに

居場所がなくなるという可能性もあるので

はじめから避けた方が安心だと私は思います。

転職支援サービスで自分に適した仕事に就く

さて、転職支援サービスを利用することで、

自分に合った仕事先を見つけられます。

転職支援サービスには、

リクナビやマイナビエージェント、

DODAやアデコなどがあります。

発達障害の方におすすめの転職支援サービスは、

障がい者のための転職サポートです。

発達障害の場合は、

・自分の特性に合った仕事を紹介

・体調に合わせて働ける環境

・面接時のサポート

・就業後のサポート

などの内容が充実している

転職支援サービスを利用すると良いですよ。

あらかじめ自分の障害を理解してくれている

支援サービスを活用することで、

転職活動がスムーズに進み

長く働ける企業に入れます。

発達障害と告知して転職支援を利用

発達障害の方は転職活動をするときに、

自分の障害を告知するかで悩む方が多いようです。

ただ、自分の症状を隠したまま仕事に就いてしまうと、

どこかで必ず無理が生じてしまいます。

自分の障害を伏せていることで、

・人間関係でトラブルがある

・体調がつらいときでも無理をして働く

・仕事についていけない

など、負担がかかって

仕事を辞めなくてはいけない場合も。

安心した生活を送るためには、

不安ごとを取りのぞける

仕事に就くことが一番です。

転職活動を成功させるためにも、

発達障害向けの転職支援サービスを

ぜひ活用してみてください。

↓ ↓ ↓

発達障害におすすめの転職支援サービスはこちら