障害者の就職活動。面接で聞かれる内容と対策方法

障害者の就職活動は一般の場合と比べて

少し困難となる場合が多いようです。

特に面接では質問される内容に

障害に関しての項目が増えるので、

応え方に気をつけなければいけません

障害者の就職活動における

面接内容とその対策方法をご紹介します。

障害者の就職活動対策!面接で聞かれる内容とは

障害者の就職活動で行き詰ってしまうのが面接の壁!

障害者にとって面接は難関ポイントですが、

就職まで道のりはそれだけではありません。

就職活動を流れをつかんで

採用までのイメージを固めていきましょう。

障害者の就職活動の面接までの流れとは?

障害者の就職活動は

一般的に次のような流れで進みます。

1. 会社説明(仕事内容の説明を含む)

2. 面接

3. 質疑応答

4. 筆記試験(企業によって行わない場合もある)

会社説明や仕事内容は、

企業の事業内容や1日の業務スケジュールなどを

面接官によって説明してもらえます。

面接では自己PRなどの一般的な質問に加え、

障害について聞かれます。

質疑応答では就職者が企業に対して

気になることを聞く時間です。

筆記試験では、一般常識や言語、数学などの

テストが行われることがあります。

障害者が面接で聞かれる内容は?

障害者が面接で聞かれる主な内容は

次のようになります。

・これまでの経歴、職歴

・自己紹介、自己PR

・前職があれば退職理由

・志望動機

・障害の経緯とその内容(症状)

・通院の有無

・障害のために気をつけること

・残業ができるか

・急に休むことはあるか

・どのくらい働けるか

など

障害者の就職活動では

面接がとても大きなカギになります

・印象の良さ

・仕事の意欲

・仕事ができること

などをアピールすることで

採用の確立がグッと高まることでしょう。

障害者の就職活動における面接対策方法

障害者が就職活動で失敗しがちなのは、

面接でネガティブな発言をしてしまうことです。

自分の長所や短所を聞かれた場合、

できることは自信を持って相手に伝え、

短所はそのために努力をしていることを伝えましょう。

また、どんな質問においても

前向きな姿勢を心がけることが大切です。

やる気や自分の魅力が伝わるように

受け答えすることで面接官の印象は高くなります。

もし、ひとりで就職活動を進めることが不安、

面接をしても全て不合格などで就職に悩んでいる方は、

障害者向けの就職支援サポートを活用してみましょう!

障害者の場合はひとりで就活を行うよりも

支援会社を利用した方が

適性に合った仕事を見つけられます

面接のサポートもしてもらえるので、

ぜひ活用してみてくださいね。

⇒面接・就職活動の不安を解消!障害者就活サポートとは