【発達障害】障害者の就職現状とは?採用率と就活方法

障害者は就職が困難なのでは?

と感じてしまいますよね。

障害者には、

・身体障害者

・知的障害者

・精神障害者

の方がいます。

それぞれの障害によって就職率は異なってきます。

実際にその現状はどのようになっているのかを

まとめてみました。

【発達障害】障害者の就職現状とは

障害者の就職採用率の現状は?

障害者の就職雇用率の現状を見ると、

民間企業全体 1.76%

・労働者1000人以上の大手企業 1.98%

・労働者500~1000人の中小企業 1.77%

・労働者100~300人の中小企業 1.52%

・労働者56~100人の中小企業 1.39%

となっています。

大手の企業は障害者の雇用率が高まっていますが、

中小企業では大手に比べて低い水準となっています

障害者の就職現状は

身体障害者が半数以上の割合を占めており、

ついで知的障害者、精神障害者の

就職者数になっています。

障害者の給料の現状は常用者と比べると

少ない水準になっています

常用者の平均給料約26万円に対して、

身体障害者は25万円、

知的・精神障害者はその半分ほどしかない

と言われています。

⇒気になる障害者の就職給料現状とは?

発達障害における障害者が就職できない理由とは

企業が障害者を採用するときは、

どれだけ仕事ができるか

が採用のポイントになっているようです。

そのため、障害が目に見えてわかりやすい

身体障害者の採用率が高くなると考えられます。

発達障害を持つ知的障害者や精神障害者は、

・できる仕事が限られる

・企業側のサポート体制が整っていない

などを理由に就職困難な現状が続いているようです。

ただ、アスペルガー症候群などの発達障害であっても

社会に出て働ける方はたくさんいます。

発達障害と診断されていることで、

・仕事ができない

・採用されない

という現状を抱えているのは

本人が生活に不安を抱えるだけでなく、

社会的にももったいないことなのです。

障害者が就職するためには

発達障害を抱えている方が就職するためには、

・できることを増やす

・スキルを活用する

・できないところのカバー方法を考える

ということが大切になります。

障害者の中には、

「障害のためにできないことがある」と

自分に自信を持てない方がいます。

もちろん障害によってできないことがあります。

ただ、できることを増やすことは可能です。

就職ができないと悩んでいる方は、

・障害のせいにしない

・自信を持つ

などの考え方を身につけることが重要です。

また、

・面接で不採用になる

・就職活動の仕方がわからない

・働きやすいところに転職したい

と思っている方は、

障害者向けの就職支援サービスを

活用すると良いですよ。

就職支援サービスを

取り入れることで、

あなたが働きやすい仕事を

紹介してくれます

一般の就職活動方法よりも採用率が高まるので、

ぜひこちらを利用してみてください。

↓ ↓ ↓

障害者の就職支援サービス活用方法はこちら