【障害者の就職問題】アスペルガー症候群の就職方法とは

障害者の雇用問題は改善していると言われていますが、

やはり現実を見ると就職は難しいのが実態のようです。

発達障害を抱える知的障害者や精神障害者の就職は

さらに厳しい現状となっており、

働きたいけれど就職できない……

という悩みを抱えている方は少なくありません。

こうした就職問題の悩みを抱える障害者は、

どのように仕事に就けばいいのでしょうか。

【障害者の就職問題】アスペルガー症候群の就職方法

発達障害を抱える方でも特に気になるのが、

知的障害を伴わないアスペルガー症候群の方です。

アスペルガー症候群は知的障害を伴わず、

見た目では障害者として認識が難しい

と言われています。

また、軽度のアスペルガー症候群の場合は、

障害者手帳をもらえないこともあるようなので、

一般の人と同じ求人を受けなければならない

という場合があります。

アスペルガー症候群の就職問題

障害者の方はハローワークなどを利用すると、

障害者枠で就職活動をできます。

障害者枠で就職試験を受けるためには、

障害者手帳が必要になります。

軽度のアスペルガー症候群だと、

障害者手帳がもらえないことがあるので、

一般求人で就職試験を受けなければいけません。

実際に、アスペルガー症候群を抱えて一般求人で

就活をされた方は経験をしているかもしれませんね。

30社以上の面接をしても全て不採用。

面接官からひどい態度を取られる。

など、面接に通過できる気がしない……

という壁に突き当たってしまいます。

精神障害者であるアスペルガー症候群の方の就職は、

それくらい困難なものなのです。

⇒障害者の就職問題の現状!気になる就職採用率とは?

障害者が就職問題から脱出するには

面接に通過できない障害者が就職問題を解消するには、

・自分の能力を高める

・一般の人と同じ土俵に立たない

ということを考えてみると良いでしょう。

就職に必要な能力を身につける

アスペルガー症候群の場合、

就職面接に通過できないのは

求められるコミュニケーション能力が不十分

であるためと考えられます。

面接は就職者の社会性などを確認することを

目的としているので、

アスペルガー症候群である場合は

不利な状況をつくってしまうのです。

一般求人で採用を目指すのであれば、

コミュニケーション能力の改善が不可欠

となってくるでしょう。

アスペルガー症候群は改善できるの?と

疑問に思ってしまうかもしれませんが、

日常生活の取り組みによって

対人問題などの症状を改善することができます。

日々の取り組みや考え方のコツをつかむと、

他人とコミュニケーションを取ることが

楽に感じられるようになります。

自分の少しの変化で

こんなに人と関わりやすくなるんだ!

と感じられるはずなので、

改善への取り組みをはじめてみてください。

↓ ↓ ↓

障害者の就職問題を解消!今すぐアスペルガーを改善しよう

障害者向けの就職支援サポートを活用する

軽度のアスペルガー症候群の方は、

自分が障害者であることを隠したいと思いがちです。

・自分に障害があることを受け入れたくない

・他人から差別されるのは嫌だ

アスペルガー症候群であることを隠したい

と思う気持ちは当然かもしれません。

ただ、障害がある人と障害を持たない人を比べたとき、

就職が有利になるのは障害を持たない人です。

企業はリスクを下げるために、

・コミュニケーション能力が優れている人を採用したい

・無遅刻無欠席の人を採用したい

・仕事でトラブルを起こさない人を採用したい

という想いを持っています。

そのため、社会的に行動ができる人と

同じ土俵に立ってしまうと、

就職問題をいつまでたっても解決できません。

軽度のアスペルガー症候群で

障害者手帳を持っていない、

アスペルガー症候群の傾向があるなどが理由で

就職ができないときは、

障害者向けの就職支援サービスを活用してみましょう。

就職支援サービスはプロのサポーターが

あなたの能力に合わせて

就職先を見つけてくれます

就職先はあなたが障害者であることを

理解してくれているので、

安心して面接を受けられます。

障害者の就職問題はとても厳しい現状ですが、

就職支援サービスを使って仕事先を見つけてみましょう。

↓ ↓ ↓

就職問題解決!障害者向けの支援サービスをチェック