障害者の就職実態とは。平均給料はどのくらい?

障害者における就職実態を見たときに、

「給料は下がるのでは?」

と不安に思ってしまう方は多いようです。

給料を稼いで生活を維持しなければならない。

暮らしを安定させるためには、

就職を考えなければいけません。

そこで気になる障害者の就職における、

平均給料の実態と手取りを上げるための方法を

まとめてみました。

障害者の就職事情!平均給料はどのくらい?

障害者の平均給料とは

内閣府による障害者の就職における平均給与は、

常用労働者 26.4万円

身体障害者 25.4万円

知的障害者 11.8万円

精神障害者 12.9万円

以上のようになっています。

障害者の平均給料は常用労働者に比べると、

やはり少ない金額なっています。

データを見てみると、

常用労働者と身体障害者の平均給与は

ほとんど差がありません。

ただ、知的障害者と精神障害者の給料は

常用労働者と比べて

明らかに差が見られる

という結果になっています。

発達障害の給料はなぜ低い?

知的障害者や精神障害者は、

発達障害などを伴っている人がいます。

発達障害の症状は、

・他人と会話が難しい

・意思の疎通が困難

・コミュニケーション能力に障害がある

・社会性が未発達

・感情のコントロールが困難

・パニックを起こす場合がある

・原因不明の体調不良

などが挙げられます。

このような症状は、就職したあとに

仕事に影響が出る場合があります。

そのため、

業務フォローや会社サポートなどの対応を行うために、

給料が低く設定されているのでは

ないかと考えられます。

一方、身体障害者の給料が常用者と差がないのは、

障害がある部分が明確にわかり、

就職後のサポートやルールが作りやすいから

だと言えるでしょう。

スキルがあっても給料を上げることは難しい?

知的障害伴わないアスペルガー症候群などの

発達障害を持っている方の場合、

特定のスキルがずば抜けて高いということがあります。

・活かせるスキルがある

・常用者よりもスキルが高い

という場合、給料が低いのは疑問がある

と思ってしまいます。

この場合は、

もちろん持っているスキルは障害者であっても

就職後の給料に反映されることはあるでしょう。

ただ、常用労働者と比べて、

急な体調不良で休むことがある、

苦手な仕事の分野がある、

など企業側のリスクも給料には影響します

そのため、就職における給料は、

・自分も持っているスキル

・企業側のリスク

この2つの点を考えられた上で

決定されることになるでしょう。

障害者が就職して給料を上げる方法とは

企業側のリスクを減らす

障害者が就職して給料を上げるためには、

企業側のリスクを減らす必要があります。

特定のスキルが高いが、

・他人とコミュニケーションが取れない

・急に欠勤することがある

・仕事にミスがある

・トラブルを起こす

などの企業的リスクがある場合は、

給料を上げてもらうことが難しくなります。

そのため、収入を増やしたいと思ったら、

企業のリスクを減らせるように

自分の症状の改善方法を考えてみましょう

例えばアスペルガー症候群の場合は、

症状に合わせた薬物療法を取り入れたり、

日常生活から見直す改善プログラムを

活用する方法もあります。

改善策を取り入れることで、

仕事がしやすくなり

常用者と同じくらいの給料を

もらうことができます。

転職をする

常用者であっても障害者であっても、

1度就職した会社で給料を上げることは

簡単ではありません。

そのため、今の給料を大幅に改善したいときは、

転職をおすすめします。

転職することで、

自分の給料条件に合った企業を

選ぶことができます

障害者の転職活動は難しいのでは?

と思ってしまいますが、

就職支援サービスを活用することで

一般就職よりもスムーズに仕事を決められます。

就職支援サービスは、

就職者と企業のお互いのニーズを

マッチングさせてくれます。

企業選びから就職までを

トータルサポートしてくれるので、

転職におけるストレスを軽くできるのも

嬉しいメリットです。

就職支援サービスは給料アップに効果的なので、

ぜひ転職に活用してみてください。

⇒年収100万円UP!障害者の就職支援サービスとは