発達障害との付き合い方。大人アスペルガーの診断方法と対処法

発達障害を持っている場合は大人になるほど

社会で生きづらさを感じるようになります。

特に目に見える特徴を持たない

アスペルガー症候群は

周囲から理解をされない発達障害

と言われているために、

大人になって強いストレスを抱えて生きる方が

とても多いようです。

大人のアスペルガー症候群の診断方法や対処法を

まとめてみました。

発達障害と向き合うためには、

どのようなことに取り組んだらいいのでしょうか。

大人の発達障害とは

発達障害の原因

発達障害の原因ははっきりとは解明されていませんが、

DNAレベルの要因で起こるものではないか

と言われています。

発達障害の特徴は、

・自閉症スペクトラム障害

・注意欠如多動性障害

・学習障害

の3つが挙げられています。

空気が読めない、社会性に障害が見られる

「アスペルガー症候群」は、

自閉症スペクトラム障害のひとつに

含まれている発達障害です。

発達障害とアスペルガー症候群

発達障害「自閉症スペクトラム」のひとつである

アスペルガー症候群は、

対人関係の障害

想像力の障害

強いこだわり

の特徴を持っています。

社会性が未発達なので、

・協調する

・調和する

・コミュニケーションを取る

などに困難な一面があります。

また、考えがとても直接的なので

予測や想像をすることができません

自分の興味やこだわりと言ったものが

とても強い傾向にあるので、

ルールを変えることができない、

好きなものの情報をとにかく集めるなどの

特質を持っています。

大人のアスペルガー症候群の診断チェック

大人のアスペルガー症候群の特徴

大人のアスペルガー症候群の特徴を見ながら、

自分にその傾向がないかを診断してみましょう。

=======

・相手の冗談がわからずに本気に捉えてしまう

・悪気はないのに相手を怒らせてしまう

・失礼な人だと言われることが多い

・伝えたいことがあっても話をまとめられない

・相手の話しを遮ってしまうことが多い

・ジェスチャーが使えない

・相手の目を見て話せない

・人の名前や顔を覚えることがとても苦手

・他人の話に興味が持てない

・自分のルールを遮られるのが嫌だ

・予想外のことが起こると何も考えられなくなる

・周りの雑音が気になって会話ができない

・偏食がひどい

・においに敏感

・特定の素材の衣類しか着れない

・運動などの体を動かすことが苦手

・動き方がロボットのようだと言われたことがある

・手先を使った細かな作業が苦手

・原因不明の体調不良、不眠症などがある

=======

セルフ診断なのでそのときの気分や環境によって、

回答数が変わることもあります。

ただ、いつも診断項目が多く当てはまるという方は、

アスペルガー症候群の傾向が強いかもしれません。

診断を行って気になることがあるときは、

大人の発達障害に詳しい専門機関に

相談に行ってみると良いでしょう。

発達障害「アスペルガー症候群」の対処法

大人のアスペルガー症候群は、

セルフ診断などにより傾向を調べることができます。

日常生活の中で

・仕事が辛い

・家族と上手く関係を築けない

・対人関係でトラブルが多い

などの悩みを抱えている方は、

改善方法を取り入れてみると良いですよ。

アスペルガー症候群は病院に行ったからと言って

治る発達障害ではありません

また、コミュニケーションが上手く取れないために、

専門医ともすれ違ってしまうという場合もあります。

大人になってアスペルガー症候群を改善したい!

そう思うときは、自分に合わせた

改善方法を取り入れることが1番です。

アスペルガー症候群に悩む多くの方は、

日常生活の中で適切な取り組みを行うことで

改善されている方がたくさんいます。

もし、辛い症状に悩んでいるという方は、

ぜひ改善のための方法を活用してみてくださいね!

⇒アスペルガー症候群の改善に効果的な方法は?