うつ病で仕事に行けない。働くことがつらいときの対処法

うつ病で仕事に行けない……。

そんなつらい悩みを抱えている方はいませんか?

うつ病で仕事に行くのがつらいけど休めない、

職場に行くとミスばかり繰り返してしまう

という方もいるはずです。

うつ病になるとなぜ仕事に行けないのか、

生活するための対処法をご紹介します。

うつ病で仕事に行けない。つらい…と思っている方へ

仕事に行けない……どこからうつ病?

うつ病の判断は難しいと言われていますが、

・最近気分が沈むことが多い

・憂うつな気分によくなる

・物事に興味が持てない

・心から楽しめない

・不眠症なのではと感じる

などをいくつか満たすようであれば

専門機関を受診した方が良いと言われています。

特にうつ病になる人は不眠の悩みを抱えている

という場合が多いようです。

うつ病から不眠になる人、

不眠からうつ病になる人もいるようなので、

気になる症状があるときは

早めの受診をおすすめします。

うつ病により仕事でミスを繰り返てしまう

うつ病が進行すると仕事に行けない

という状況を引き起こしてしまいます。

仕事に行けない状況を作ってしまう原因は、

・集中できずにミスが重なる

・仕事が遅い

・考えられない、判断力が悪くなる

・やる気がでない

・感情の起伏が激しくなる

・つらい疲労感に襲われる

・遅刻や体調不良が増える

・気分が落ち込んでしまう

・不眠により昼間につらい眠気に悩まされる

などが挙げられます。

このような状態になると、

職場から仕事のできない人として扱われたり

上司から厳しく注意を受けてしまいます

その結果、うつ病により仕事に行けない

という状況をつくり出してしまうのです。

うつ病はアスペルガー症候群の二次障害かも!?

もともと、仕事が苦手だったり、

不眠や原因不明体調不良に悩まされているという場合は

アスペルガー症候群ということも考えられます

アスペルガー症候群はコミュニケーション障害や

想像力の障害、強いこだわりを持っている

発達障害です。

アスペルガー症候群は人間関係や

仕事のトラブルを抱えやすいという特徴を持ちます。

そのため2次障害としてうつ病を起こしやすいのです。

アスペルガー症候群は知的障害を伴わないので、

大人になるまで気がつかない

ということも少なくありません。

中には、うつ病が発症したことで

自分がアスペルガー症候群だとわかった

という方もいるくらいなのです。

⇒うつ病で仕事に行けないのはアスペルガーのせい?症状をチェックする

うつ病で仕事に行けないけど生活もある!

うつ病で仕事に行けない、行きたくないというときは

無理をしないことが一番です。

うつ病の原因を調べる

自分がうつ病なのかは

自分で判断できないことがありますし、

原因が何かもわからない

ということはあるでしょう。

ただ、過剰にストレスがかかっていることが

きっとあるはずです。

うつ病の原因を調べるには、

専門機関や信頼できる家族や友人の

話しを聞くことが一番でしょう。

原因が何であれ、

つらい気持ちが和らぎ仕事に行ける状態になるまでは

職場にうつ病であることを伝えて休ませてもらうなど

何らかの対応を取り入れることをおすすめします

職場環境がうつ病の原因?転職する方法は?

職場環境がうつ病の原因である場合や

休職したくても受け入れてもらえないときは

転職を考えてみると良いですね

「うつ病で仕事に行けない」という

つらい悩みは人には伝わりにくいことです。

だからと言って自分が我慢すると

いつまでもつらい苦しみが続き、

うつ病は悪化するばかりになってしまいます。

うつ病が悪化すると仕事に行けないどころか

別の症状を引き起こしてしまう危険もあるので

早めに対処を取る必要があります。

今の職場から離れたい、

仕事に行けないほど悩んでいる方は、

うつ病に理解のある仕事を先を

見つけてみてはいかがでしょうか。

うつ病のために仕事に行けない場合は、

障害者枠を活用して転職することもできます

一般枠では転職が心配という方は、

自分の働きやすい職場を見つけるために

ぜひ取り入れてみましょう。

↓ ↓ ↓

うつ病で仕事に行けない人におすすめ!転職支援サービスをチェック