コミュ障向けの適職は?アスペルガーの悩みを解消する職業

コミュ障で仕事できないという方は、

思い切って今の職場を辞めて

適職を探してみましょう!

コミュ障向けの仕事なんてあるの?

と思ってしまいがちですが、

仕事は山のように溢れています

特にアスペルガー症候群の場合は

能力の凹凸が激しいので、

抜き出た能力を活かせる仕事に

転職するだけで

とても働きやすくなりますよ

コミュ障におすすめの適職を

ピックアップしてみたので、

ぜひチェックしてみましょう。

コミュ障向けの適職は?

コミュ障の適職は

コミュ障向けの適職は、

ズバリ人間関係がラフな仕事です!

・人と打ち合わせをすることが少ない

・共同作業がない

・電話対応がない

適職に就きたいときは

このような

できるだけ人との関わりが少ない

仕事を選ぶと良いですね!

反対に、、、

職場に人が多い仕事

接客や営業などの職業

このような仕事はNG!

接客や営業は人との関係を

最も大切にしている仕事です。

そのため

自分がコミュ障であると

感じたときは、

周囲の人も同様に

あなたと付き合いにくさを感じている

という場合がほとんど。

相手とのコミュニケーションが

上手くいかない

 ↓

接客業や営業は

成果につながらない

という悪循環を繰り返してしまいます。

成果が出なければ

仕事ができない人として

会社から扱われてしまいます。

物を売るときに得意なジャンルがある、

どこに行ってもバンバン売れる

という人以外は、

営業職系は避けた方が安心です。

⇒就活で成功したい!発達障害者が働きやすい仕事を見つけるには

コミュ障におすすめしたい適職

適職1 エンジニア

人間関係がラフで

コミュ障向けの適職と言えば

IT系のエンジニアです。

ITエンジニアは専門スキルが高いほど

仕事を任せられるので

コミュニケーション能力は

ほとんど必要ありません。

職場によっては

仲間内の会話は全てチャットを使う

というところもあるので、

直接コミュニケーションを取る

ということがなく

コミュ障にとって

働きやすい職場と言えるでしょう。

IT系のエンジニアなら

迷わずプログラマーを選ぶと良いですよ!

プログラマーって難しそうと

思われがちですが、

やり方を覚えれば

誰にでもできる仕事です。

さらに、プログラマーは

人付き合いは苦手だけど勉強は得意!

そんな特徴があるので

まさにコミュ障の適職なんです。

プログラマーという仕事は

パズルのように

プログラム言語を組み合わせていきます。

自分の持っている知識を使って

ひとつのものを作り上げるので

頭の中の情報や知識こそが

プログラマーの全てです。

言語を知れば知るほど

より完成度の高い作品ができあがります。

しかも、

プログラマーの収入は

スキルによって決まるので、

仕事ができる人ほど高収入!

コミュ障でも

他の人と同じ舞台で

年収をどんどん上げられます!

夢の1000万円プレイヤーも

叶えることができますよ。^^

未経験からプログラマーになりたい!

就職までをサポートしてほしい!

そんな方は、

こちらのプログラマー就業サポートを

活用してみましょう。

↓ ↓ ↓

コミュ障の適職!プログラマーになる方法

アスペルガー症候群もプログラマーが適職!

コミュ障の場合、

自分はアスペルガー症候群

という方もいるのではないでしょうか。

人付き合いが苦手な

アスペルガー症候群はその反面で

IT関係の仕事で優れた力を

発揮できる人が多くいます。

・言語を覚えるのが得意

・配列を組むのが得意

・パソコンを触るのが好き

アスペルガーでコミュ障という方は

自分の能力を高めて

即戦力になるスキルを身につければ

転職もしやすくなります

実は、アスペルガー症候群はIT向け!

アップル創業者のスティーブジョブズさんや

Windows開発者のビル・ゲイツさんも

アスペルガー症候群だと言われています。

好きを味方にすることで、

世界的な成功者になれるのです。

実践経験を積めば

未経験からでも成功できます!

人と話すことが苦手で

引きこもりという方は、

独学勉強法がおすすめです。

独学なら自宅で

プログラミングを学べるので

人間に会いたくない

という方も気軽にはじめられますよ。

↓ ↓ ↓

独学プログラマーになる!コミュ障のための勉強法

すでにIT業界で働いている方は

自分に合った職場に出会うために、

転職活動成功テクニックを見てみてください。

↓ ↓ ↓

コミュ障が適職に就く方法!転職活動必勝テク

適職2 在宅ワーク

コミュ障の適職と言えば

在宅ワークもおすすめです。

自宅で働くことができれば、

人と関わることがほとんどないので

自分のペースで安心して仕事ができます。

在宅ワークの中で

コミュ障向けの適職は、

データ集めや翻訳、

外注型のプログラマーです。

指定された内容のデータを集めたり、

英文を翻訳したり、

依頼されたプログラミングをするなど、

自宅でできる仕事はとてもたくさんあります。

多く稼げるようになると

独立することも可能!

自営業は経理などの仕事が増えるので

複数の業務が苦手な人は

経理を外注することもできますよ。

アスペルガー症候群などの

マルチタスクが苦手の方は

独立したら細かな業務は

外部に依頼をすると良いですね。

決算シーズンになると複数業務を

同時に進めることになるので、

ひとりで作業をする場合は

仕事を分散させる工夫を考えてみましょう。

適職3 ポスティングや配達

黙々と個人で作業を進めていく

ポスティングや配達業

コミュ障の適職と言えます。

決められた場所に

チラシや配達物を配っていく仕事は

主にひとりでできるので、

職場仲間と深く関わり合うことがありません。

また、

ルーチンワークということもあり

規則的な行動を好む

コミュ障やアスペルガー症候群にとって

働きやすい内容でもあります

おすすめはバイクや歩きによる仕事です。

車の仕事の方が楽にも思えますが、

臨機応変の対応が苦手な人は

工事や交通整備などで配達ルートが変わると

即座に対応することが難しくなります。

特にアスペルガーでコミュ障という方は

できるだけ習慣付けられる業務内容を

選ぶことが大切です。

ルート変更がある仕事内容の場合は

すぐに一度立ち止まって

道順を改められるように、

融通が利く原付バイクか歩きの仕事を

選ぶようにしてくださいね。

コミュ障でも適職に就けば生活が変わる!

コミュ障で仕事ができないと

悩んでいる方は

自分の適職を

見つけることが重要です。

コミュ障を嫌煙している

日本人は意外と多いので、

コミュ障に敵意を持っている人が

職場にいるときは

その場に居続けるより

自分から離れた方が賢明です。

無理につらい職場で

働く必要はないのです。

「この仕事を辞めると転職できないのでは?」

不安に思っている人も

いるかもしれませんが、

仕事はたくさん溢れています

つらければ今の職場を離れて、

新たな仕事を見つける勇気が

あなたには必要なのです。

少しのチャレンジで

適職に出会えて

生活は楽しくなります。

年収もアップして

素敵なパートナーにも

巡り合えるかもしれません。

生活を変えてくれるあなたの適職は

きっと見つかるので、

ぜひ素敵な転職先を探してみてくださいね。^^

⇒アスペルガーでコミュ障!適職につける転職活動法はこちら