20代女性のアスペルガーの特徴。仕事先で孤立しない方法

20代の女性アスペルガー症候群の方が抱える

悩みのひとつ「仕事」の問題。

学生時代が終わると、

社会に出て仕事をしなければいけません。

大人のアスペルガー症候群の方は

仕事をしていく上で、

 icon-check-square-o 人間関係で孤立をしてしまう

  指示されたことが理解できない

  仕事が遅いと言われる など

たくさんの悩みを

抱えているのではないでしょうか。

女性のアスペルガー症候群の方であれば、

原因不明の体調不良などの辛さ

加わってくることでしょう。

そこで20代女性アスペルガー症候群の方が

仕事先で孤立しないために取り入れたい

対処方法をまとめてみました。

20代女性のアスペルガーの特徴

アスペルガー症候群は

自分の意図しないところで、

他人に不快な想いをさせてしまったり

空気が読めない人と言われ

周囲から孤立してしまうことが

とても多くあります。

仕事が始まると

周りの人と同じように行動できない

ということが目立つようになるため、

さらに孤立感が増していく場合もあります。

職場で上手く仕事をしていくためには、

次のポイントを参考にしてみてください。

自分がアスペルガーだと自覚をする

あなたは自分の症状が

どんなものかを把握していますか?

もしかすると、

自分がアスペルガー症候群だと

気が付いていない人も

いるかもしれません。

アスペルガー症候群は、

診断が難しいと言われている

発達障害です。

特に女性の場合は男性ほど顕著に

対人問題の障害が出にくいので、

20代や30代と大人になっても

アスペルガー症候群だと

発覚しないケースもあります。

 icon-check-square-o ちょっと変わった人だと周囲から言われる

  人付き合いが苦手に感じることが多い

気になる症状があるときは

アスペルガー症候群の傾向が

あるかもしれません。

職場の人間関係で

トラブルを抱えている方は、

自分の症状を

確認することが大切です。

⇒アスペルガー症候群をセルフチェックする

優先順位を覚える

アスペルガー症候群の方には、

  曖昧な指示を受け取るのが苦手

  複数の業務を同時にこなせない

  共同作業が苦手

などの苦手分野があります。

社会人経験が浅い20代は、

上司から指示をされることが多い立場です。

ただ、

「時間があるときにこの仕事を終わらせて」

「今日の仕事はこれと、これと、これと、これね」

「チームで話し合ってやってね」

などと言われると、

ストレスを感じて

パニックになる女性もいます。

  仕事内容の把握が難しい

  業務の取り組み方がわからない

仕事に困りごとがあるときは

ひとりで悩まずに

上司に優先順位を聞く

良いでしょう。

アスペルガー症候群の方は、

自分のやるべき行動が

具体的に見えることで

ひとつひとつの仕事を

高い能力で進められます

マルチタスクなどの

苦手な部分をカバーすることで、

仕事をスムーズにこなせるのです。

自分の能力に合った仕事に就く

アスペルガー症候群の方は

仕事内容によって、

向き不向きがあります。

20代にとりあえず就職をしてみたが、

職場環境が合わずに転職を繰り返している

という方はとても多いようです。

仕事内容が合っていても、

職場仲間と上手くいかない。

もしくは、

仕事でミスを重ねるために、

クビになってしまった

というケースもあるようです。

そのため、

アスペルガー症候群の方が

仕事を選ぶときは、

自分の症状に合った

業種に就くことを

おすすめします。

 icon-chevron-circle-right クリエーターなどの専門職

  研究者

  プログラマー

自分の興味や能力を活かせるような

専門分野を選んでみると良いですね。

また、

アスペルガー症候群の方が

仕事を選ぶときは、

女性の少ない職場を選ぶと

人間関係のトラブルを減らせます

女性の多い職場では

どうしても仲間内での

コミュニケーションが不可欠になります。

対人関係問題でうつ病になる場合もあるので、

人と最小限しか関わらない職場を選ぶのも

自分を守る方法と言えるでしょう。

⇒女性の働き方選び!発達障害アスペルガーの成功特徴とは?

細目に体調に気を配る

女性のアスペルガー症候群の方は、

原因不明の体調不良に悩まされている方が

多くいます。

また、

痛覚が鈍いという方もいるので、

自分の体調には

十分に注意をしなければなりません。

20代になって仕事がはじまると、

気が付かない間に体調が悪化していた

というケースもあるので、

細目に休息をとったり

健康診断を受けるようにしましょう

自分がアスペルガー症候群だと

わかっている方は、

できれば仕事場に告知を行い

周囲に協力を求めることをおすすめします。

朝起きれないほどの

辛い疲労感があるときは、

体と相談しながら

仕事をしていきましょう。

周りの状況を意識的に読み取る

アスペルガー症候群の方は

「空気が読めない人」

周りから指摘を受けることがあります。

仕事をしていく上では、

周囲の状況に合わせて行動する

ということがとても重要になります。

アスペルガー症候群の場合は、

空気が読めないというよりは

空気の読み方がわからない

という方が適切かもしれません。

ただ、やはり改善をしなければ

業務に差し支えることもあります。

空気の読み方がわからないときは、

意識的に

自分のすべき行動を考える

という練習をはじめることが大切です。

 icon-chevron-circle-right 隣の人の行動に合わせる

  自分の話したい衝動を抑える

  人の話をきちんと聞く

これらを取り入れることで、

職場の人とコミュニケーションを

取ることができます。

⇒職場で空気を読むためにやるべきこと

空気読めなくて疲れる

ただ、

空気を読むことを頑張り過ぎて

疲れてしまう場合もあります

自分は空気読めない人だからと

周囲に気を使い過ぎて

疲れを感じている人は、

過剰同調性を引き起こしている

場合もあるので注意してみてください。

⇒20代の女性アスペルガーの危険信号!過剰同調性とは?

20代女性がアスペルガーと向き合うには

20代になると生活をするために

仕事をしなければなりません

それは女性であっても

男性であっても同じことですよね。

ただ、

アスペルガー症候群の症状のために

仕事が上手くいかない……

という悩みを

抱えてしまうこともあります。

仕事ができないほど悩んだときは、

アスペルガー症候群の改善方法を

取り入れてみてください

⇒私がアスペルガーを改善した方法とは?治し方を今すぐチェック!

生きていくためには、

自分の症状に向き合い

自分の症状に合わせた治療を

行っていく必要があります

楽しいと思える生活を送るためにも、

まずはアスペルガー症候群の改善に

取り組んでみてください。

⇒「仕事ができない」を解決する方法とは?