アスペルガーの大人女性の特徴。男性と女性の違いとは

アスペルガー症候群は女性よりも男性の方が多い

とされていた発達障害ですが、

実は最近になって男女の差はないとも

言われるようになりました。

アスペルガー症候群はコミュニケーション障害などが

主な症状となっています。

女性の場合は男性よりも対人関係の対応に

優れている傾向があるために、

大人になるまで障害が発覚しなかった

というケースがとても多いようです。

さらに、男性と女性では

症状の現れ方が異なるとも言われています。

大人女性のアスペルガー症候群には

どのような特性があるのでしょうか。

その特徴をまとめてみたので、

セルフチェックなどの参考にしてみてください。

アスペルガーの大人女性の特徴

女性に多い原因不明の体調不良

大人の女性アスペルガーの悩みのひとつが、

原因不明の体調不良です。

女性の場合は、

睡眠障害や自律神経の乱れのような症状に

悩まされることが多いと言われています。

朝起きるのが辛い

激しい疲労感に襲われる

原因がわからない発熱がある

月経前症候群がひどい

胃痛や嘔吐、下痢や便秘が起こりやすい

など、理由のわからない体調不良をきっかけに

アスペルガーと診断される女性もいるそうです。

男性よりコミュニケーションが円滑

アスペルガー症候群の特徴で知られる、

コミュニケーション障害は女性の場合は

表立って現れにくいと言われます。

女性は子供のときから社会性があるために、

男性のように違和感を感じることが少ないようです。

その分、人一倍気を遣ったり、

人間関係に悩む女性が多いので、

大人になってストレスのあまり体調を崩してしまう

というケースが多く見られます。

一方で、コミュニケーションが得意ということはなく、

限られた友人としか関わりを持ちません。

集団で生活をするよりもひとりの時間を好むので、

女性の間で孤立することもあります。

女性的な考え方が困難

女性的な価値観が少なく、

男性的な考え方をする傾向があるため、

女性同士の付き合いが苦手とも言われています。

アスペルガー症候群の特徴の

曖昧な表現ができない

発言が直接的

なども見られるので、

しばしばガールズトークで浮いてしまう

ということもあります。

大人になると男性的な考え方の女性は、

仕事面で活かせられるので、

男性社会においては有利に働く場合もあります。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しいために、

大人になるとパニックを起こしやすくなります。

社会に出ると必然的に

自分が受ける情報量が大きくなります。

情報量が多いとそれを処理することができず、

その情報に圧迫されてパニックを起こします

多すぎる情報を処理できずにいると、

女性の場合は急に落ち込んでしまったり、

とめどなく涙が溢れてしまう、

思考が急にストップしてしまうなど

感情を上手くコントロールできなくなります。

感覚が敏感もしくは鈍感

特に女性は五感が敏感または鈍感

とされているので、

音や光、においを嫌ったり、

特定の衣類しか着れないという

悩みを持つ方もいます。

その反対に、傷みやからだの不調に鈍く、

病気などが悪化するまで気が付かない

という方もいるようです。

アスペルガー症候群の女性が

体調不良に悩まされるのは、

からだのトラブルの察知が難しいためでは

とも言われています。

大人になってアスペルガー症候群だとわかったら

女性は男性よりも対人問題の解決に優れていますが、

だからと言って人間関係の悩みを抱えない

というわけではありません。

むしろ、問題解決能力があるだけ、

大きくストレスを受けやすい

言い換えることができます。

つまり、大人になるまで

自分がアスペルガーであることに気付かず、

ひとりで悩み抱え込んでいるという女性が

たくさんいるということです。

過度なストレスは

心身の不調にもつながります

アスペルガーは二次障害を引き起こしやすく、

そのままにしておくと

生活自体が困難になってしまう場合もあります。

毎日が辛い

仕事に行きたくない

誰とも会いたくない

そんな悩みの中で生活をしている方は、

まずは自分の症状と向き合い改善方法を

取り入れることをおすすめします。

辛い症状は必ず改善できます

悩み続ける生活をやめたい方、

他人とスムーズに過ごしていきたい方、

原因のわからない体調不良から解放されたい方は、

症状の改善のための活動をはじめてみてください。

⇒大人のアスペルガー症候群を改善する3つの方法とは?