アスペルガーが「プログラマー」になる方法。就職・転職するコツ

アスペルガーを治したい。治し方・改善法について

「プログラマーになりたいけど、どうやって仕事にしたらいいのか」と悩んでいる方はいませんか?

プログラマー向けのアスペルガー症候群の方は多いですが、未経験からの就職や一般求人での転職は難しいのが現状です。

しかし、自分に合った方法を取り入れることで、プログラマーとして活躍することができるんです。

アスペルガー症候群の適職と言われるプログラマーになるために、就職・転職をする方法、フリーランスになる方法をパターン別にご紹介していきます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人がプログラマーになるには?

アスペルガー症候群,向いている仕事,アスペルガー,仕事,続かない,プログラマ,コミュ障,適職

プログラマーに向いているアスペルガー症候群とは

プログラマーになって仕事で成功できる人は、IT・パソコン関係に興味がある人です。

アスペルガー症候群の方は得意・不得意なことがはっきりしているので、IT系・パソコン関係が好きで仕事にしたいという方はプログラマーに向いていると言えるでしょう。

反対に、IT系はさっぱりわからない・興味もないという方は、プログラマーには不向きかもしれません。

というわけで、パソコン関係が好きで仕事にしたいという方は、ぜひプログラマーを目指してみてください。

⇒アスペルガーは本当にプログラマー向き?向いてない人の特徴とは

プログラマーとしての働き方

プログラマーとして働くには、「企業に勤める働き方」と「フリーランスになる働き方」があります。

企業に勤める働き方は、会社に入り決められた業務をこなしていくスタイルになります。

フリーランスになる働き方は、クラウドソーシングなどで仕事を受注して個人で働くスタイルになります。

アスペルガー症候群で「プログラマー」になりたいとき

アスペルガー症候群の方がプログラマーになりたいときも、企業に就職するかフリーランスとして仕事をするか選ぶようになります。

ただ、ここで注意しておきたいポイントがひとつあります。

アスペルガー症候群の方は企業に就職・転職するとき、一般の就職活動では面接に通過できないという難点があります。

なぜなら、アスペルガー症候群の方はコミュニケーションが苦手なので、面接でのやりとりに失敗してしまい就職できないという状況を作りだしてしまうからです。

アスペルガー症候群で「プログラマー」になりたいときは、自分に合った方法で仕事にする必要があります。

プログラマーとして就職・転職、フリーランスになりたいという方は、アスペルガー症候群向けの方法をチェックしてみてください。

【パターン別】アスペルガー症候群の人がプログラマーになる方法

adhd,コミュ障,改善,仕事,アスペルガーの仕事探し

アスペルガー症候群の方がプログラマーになる方法は、次の4つのパターンがあります。

  1. プログラマー未経験から「一般求人」で就職したい場合
  2. プログラマー未経験から「障害者向け求人」で就職したいとき
  3. プログラマー経験者の場合
  4. フリーランスになりたい場合

アスペルガー症候群の方が就職・転職するときは、「一般求人」と「障害者向け求人」を選べます。

「一般求人」は一般枠の求人募集です。

アスペルガーであることを就職先に伝えたくない、障害認定を受けていないという方は、一般求人を選んでください。

「障害者向け求人」は障害者専用の求人募集です。

障害者専用の求人なので障害認定を受けていることが条件になります。

障害者向け求人は個人の体調や障害に配慮されている求人なので、働きやすい環境を選べるのがメリットです。

プログラマー未経験から「一般求人」で就職したい場合

プログラマー未経験から「一般求人」で就職する流れ
  1. 就職サポートつきのオンラインプログラミング講座に申し込む
  2. プログラミング講座で実践スキルを身につける
  3. スキル習得後に受講講座より就職サポートを受ける
  4. 一般企業に就職する

プログラマーが未経験という場合は、就職サポートつきのオンラインプログラミング講座で実践スキルを身につけてから就職活動を行うとスムーズに仕事を始められます。

一般求人で「プログラマー未経験募集!」という求人を探して応募をしても良いですが、実務経験がない人はコミュニケーション能力で評価されます。

アスペルガー症候群の場合はコミュニケーション能力で評価されてしまうと、残念ながら採用が難しいというケースがほとんどです。

それならば、プログラミング未経験で一般求人を受けるよりも、先に実践スキルを身につけた方が採用率が高まります

アスペルガー症候群の人が未経験からプログラマーになるには、就職サポートがついているオンラインのプログラミング講座がおすすめです。

就職サポートつきのプログラミング講座は、実践スキルを習得した後にそのまま就職支援を受けられます。

プログラミングのスキルアップから就職までが一連の流れになっているので、スムーズにプログラマーになれます。

↓ ↓ ↓

一般就職したいアスペルガー向け!未経験からプログラマーになる方法はこちら

プログラマー未経験から「障害者向け求人」で就職したい場合

プログラマー未経験から「障害者向け求人」で就職する流れ
  1. オンラインのプログラミング講座に申し込む
  2. プログラミング講座で実践スキルを身につける
  3. スキル習得後に障害者向け求人サイトに登録する
  4. 障害者向け求人サイトからプログラマーの求人を受ける
  5. 障害者枠で企業に就職する

障害認定を受けているアスペルガー症候群の方は、障害者向けの求人が働きやすいためおすすめです。

ただ、障害者向けの求人を受ける場合でも、プログラマー未経験という方は実践スキルを先に身につけなければ就職できません。

プログラミングの実践スキルを身につけるには、短期間で必要なスキルが身につくオンラインプログラミング講座で勉強してみてください。

オンライン講座はインターネットとパソコンがあれば、自宅で手軽にスキルを習得できます。

↓ ↓ ↓

未経験者におすすめ!実践スキルが身につく「オンラインプログラミング講座」の詳細はこちら

プログラミング習得後にアスペルガー症候群の方が障害者向けの求人から就職するときは、就職をサポートしてくれるエージェントの利用が便利です。

障害者向けの就職エージェントは書類の作成から面接、内定後のフォローまで、就職に不安が残らないよう充実したサポートを環境が整っています。

安心して就職活動を進めたい、就職できないと悩みたくない方は、ぜひサポートつきの障害者向け就職エージェントを利用してみてください。

↓ ↓ ↓

アスペルガー症候群の就職活動におすすめの求人サイトはこちら

プログラマー経験者の場合

プログラマー経験者で転職する流れ
  1. 障害者向け求人サイトに登録する
  2. 障害者向け求人サイトからプログラマーの求人を受ける
  3. 障害者枠で企業に就職する

プログラマー経験者のアスペルガー症候群の人は、職場環境、もしくは仕事内容が合わないために仕事を辞めたいと考えているのではないでしょうか。

ただ、アスペルガー症候群で仕事をしていると合わない職場でもなんとか続けなければ……と思ってしまいますよね。

しかし、我慢する必要はありません。

転職をすることで、もっと働きやすい環境に変えることができるんですよ。

今の職場では「自分がアスペルガー症候群」だということを告知していますか?

実は職場に自分に障害があることを伝えるだけで、ずっと働きやすくなるんです。

もしも、今の職場でこのまま働き続けたら、あなたはうつ病などの2次障害を引き起こしてしまうかもしれません。

アスペルガーでも楽しく生きたいと思いませんか?

生きづらさを感じているのなら、障害者向けの転職エージェントを活用して自分にぴったりの職場を探してみましょう。

障害者枠での転職活動ですが、プログラマー経験者というスキルを持っているときは給与などの待遇面も優遇されます。

また、プログラマー経験者の場合は、苦手な分野と得意な分野がはっきりとわかっていることでしょう。

障害者専用の転職支援サイトを利用することで、苦手な分野をフォローしてくれる転職先を見つけられます。

プログラマー経験者というスキルは、就活において大きなアピールポイントです。

アスペルガー症候群の高いスキルを活かしてぜひ働きやすい職場を見つけてみてください。

アスペルガー症候群で「転職活動を成功させたい!」というときは、無料で登録できる障害者向けのサポートつき転職サイトを活用してみましょう。

↓ ↓ ↓

アスペルガー症候群向けの転職サイトで「プログラマー」の求人をチェック

フリーランスになりたい場合

フリーランスに転向する流れ
  1. プログラミング講座に申し込んで足りないスキルを身につける
  2. クラウドソーシングを活用して仕事を受注する

フリーランスになりたいときは、まず必要なスキルを身につけることからはじめてみてください。

スキルの習得方法は実践形式のオンラインプログラミング講座がおすすめです。

実践形式でプログラミングスキルを学んでおくと、どんな仕事がやってきてもスムーズに対応ができます。

フリーランスで成功するには、仕事をできるだけ断らない、完璧にやり遂げる必要があります。

そのため、できるだけ知識や情報は習得しておくようにしましょう。

確実なスキルと情報を身につけたいなら、完全に独学で勉強するよりも現役エンジニアの元で学べるオンラインプログラミング講座が良いですよ。

オンラインのプログラミング講座は、

 icon-check-square-o 自宅で自分のペースでスキルを身につけられる

  他人に干渉されない

  予算内でスキルを学べる

  すぐに実践スキルを身につけられる

このようなメリットがあります。

プログラマーのフリーランスになりたいという方は、自宅でストレスなくできるオンラインのプログラミング講座でスキルアップを目指してください

↓ ↓ ↓

フリーランスになる!実践スキルが身につく「オンラインプログラミング講座」の詳細はこちら

アスペルガー症候群の特性を活かしてプログラマーに

発達障害,転職,成功特徴

アスペルガー症候群はプログラマー脳を持っているので、実践スキルを身につけ自分に合った方法で就職・転職、フリーランスを目指すと必ず成功します。

私もプログラマーという仕事に出会えてから、本当に楽しく仕事ができるようになりました。

今ではフリーランスとして自宅で仕事ができるようにまでなったので、人間関係のストレスを感じることなく気ままにお金を稼いでます。

働きやすさ、環境を選べて、収入も安定させられるのはプログラマーの特権です。

アスペルガー症候群でプログラマーになりたいという方は、まずはプログラミングスキルを身につけてみてくださいね。

↓ ↓ ↓

アスペルガー症候群の適職!プログラマー未経験者のスキル習得方法