アスペルガー症候群の特徴と傾向のまとめ

「あの人ってちょっと変わってる?」

「自分は周りから浮いている?」

と感じたらアスペルガー症候群かもしれません。

アスペルガー症候群は発覚しにくい

発達障害だと言われています。

そのままにしておくと、

生きにくさを感じるようになり、

うつ病を併発してしまうことも……。

気になる症状がある方は、

その特徴と傾向を見てみてください。

アスペルガー症候群の原因

アスペルガー症候群の原因は

いまだはっきりとはわかっていませんが、

脳の先天性機能障害ではないか

と言われています。

脳の中枢神経の発達段階で

何らかの問題があったことにより、

コミュニケーションや興味に関わる発達障害が

起こっているのではないかと考えられています。

遺伝の関係や育児の仕方が関係しているのでは?

と思っている方もいますが、

これは科学的に証明はされていないようです。

アスペルガー症候群と遺伝の関係性

アスペルガー症候群は先天性の脳機能障害と

言われているので、

遺伝なのでは?と思われることがあるようです。

ただ、親がアスペルガー症候群だったからと言って、

子供にも遺伝するという研究結果は現時点では

出ていないようです。

兄弟姉妹関係でもその関係性は明確には

わかっていません。

ただ、一卵性双生児や二卵性双生児の場合、

一定の確率で同じアスペルガー症候群の症状が

出ることもあると言われています。

⇒アスペルガー症候群が遺伝する確立とは?

アスペルガー症候群の症状

コミュニケーションの障害

他人と適切に関わることが苦手なので、

・相手の気持ちを読み取れない

・人との距離感がわからない

・友達がいないことを寂しいと感じない

・感情表現が上手くできない

などの特徴が挙げられます。

他人と会話をするときに距離感がわからないので、

親しい人に初対面のように話しをしたり、

上司に友人のように話したり、

物理的に近すぎる距離で話しをしたり、

相手とは反対の方を見て話しをする

などがあるようです。

また、相手が悲しくて泣いているときや

怒っているときに、

笑ってしまうことも少なくないため、

非常識だと避けられてしまうこともあります。

一方、急に大声を上げるなど、

その場に適していない衝動的な行動をとることも

あると言われています。

感覚がとても敏感または鈍感

五感が過敏、もしくは鈍感の場合があるようです。

そのため、

・異常に物音を気にする

・会話も周りの雑音も1つの音として聞こえる

・集中してひとつのものだけを見れない

・体に触れられることを嫌がる

・特定の素材の衣類しか着れない

などの症状を持つと方がいると言われています。

規則性を好む

アスペルガー症候群の方は幼いときから、

規則性のあるものを好む傾向にあります。

そのため、

・数字を覚えることが得意

・おもちゃを並べて遊ぶ

・興味のあることの情報を集める

・自分のルールを必ず守る

という特徴を持つようです。

特に数字の分野で高い能力を持っていることが多く、

数学やITに熱中して強いこだわりを見せる方が

たくさんいらっしゃいます。

また、規則性という観点からか、

鉄道への強い興味を示す人も多く見られると

言われています。

規則性を好むことで優れた能力を

発揮する場合もありますが、

二次障害を併発してしまうこともあります。

規則性が強いあまりに、

「これをしないと次の行動に移れない」

などの強迫性障害を引き起こしてしまう場合も

あるようです。

さらに、自分のルールが変わってしまうと、

パニックにおちいったり、

とても不機嫌になることもあります。

知的障害は伴わない

アスペルガー症候群は1944年にオーストラリアの

ハンス・アスペルガーという小児科医が、

論文として発表したことでその名前がついた

と言われています。

ハンス・アスペルガーさんはこの症状を、

「言葉の遅れがない特質な対人関係」を持つものとして

論文にしたようです。

このときはほとんど注目されていなかった

アスペルガー症候群ですが、

1981年イギリスのローナ・ウィング児童精神科医が

論文で取り上げたことから、

世界的に注目されるようになったと言われています。

アスペルガー症候群は論文でも言われているように、

知的障害を伴わない自閉症スペクトラムです。

アスペルガー症候群は「見えない障害」と呼ばれ、

外から判断することが難しく、

その内容を理解することが困難と言われています。

そのため、名前自体は知られていても、

どんな特徴や傾向を持つものかを

理解する人は少ないと言われているのです。

アスペルガー症候群の特徴と傾向

強いこだわりを持つ

アスペルガー症候群の方は特手のものに

強い興味やこだわりを持つようです。

子供の時代から興味のあるものには高い能力を発揮し、

大人がびっくりするような記憶力を発揮することが

あることも珍しくありません。

興味があるものに対しての集中力や知識の吸収力が

とても高いので、偉大な研究者や芸術家に

なっている方もたくさん言います。

世界的な著名人の中には、

アスペルガー症候群だと公表している方も

いるようですよ。

特定のものに興味を持つ、

強いこだわりゆえの偉業だと言えるでしょう。

ただ、こだわりが強いために、

ひとつのものに過剰に集中してしまう傾向を持ちます。

特に、鉄道やコンピューターなどの、

規則性があるものや法則性があるものを好むようです。

特定の習慣を持つ

アスペルガー症候群のこだわりの強さは、

日常の習慣にも表れます。

規則的な行動をとる傾向にあるので、

毎日決まったことをしなければ落ち着かない

という方が多いようです。

また、習慣的な自分のルールが急に変わった場合、

対応できなくなるという特徴があります。

違った行動をとると混乱してしまったり、

嫌悪感を持ったりするそうです。

人の顔や名前が覚えられない

アスペルガー症候群の方は他人に関心が持てないので、

相手の目や顔を見てコミュニケーションを

取ることをしません。

そのため、人の顔が覚えられない

名前が覚えられないなどの特徴を持つ方が

多いと言われています。

例え頻繁に会っていても顔や名前が覚えられないので、

まるで初対面かのように接することもあるようです。

他人のことを顔で判断できないために、

服装が変わると見分けがつかずに混乱してしまう

ということも少なくないようです。

コミュニケーションを取ることが苦手

相手の目や表情を読み取ろうとしなことは、

他人とのコミュニケーションに大きく影響します。

空気を読むことや

相手に合わせて行動をとることが難しい

とされているので、

その場の雰囲気を壊したり、

他の人に不快感を与えやすくなってしまいます。

また、相手の表情を読み取れないために、

他人が怒っていたり、

悲しい顔をしていても、

それを察することが難しくなります。

例え、自分に対して怒っていても

そのことを理解できないために、

ますます相手を怒らせてしまう場合もあるのです。

さらに、他人と楽しいことや嬉しいことを

共有することも難しいようです。

一方的に話してしまう

人の話を聞かない、

一方的に自分の興味ある話しばかりをする

という特徴があるので、

他人との会話が成立しにくいと言われます。

夢中になって自分の興味のあることを話すあまり、

・自分が何を話しているのか覚えていない

・話の内容があちこちに飛んで一貫性がない

・たんたんと話し続ける

・相手のことを忘れている

・言葉のキャッチボールをしようとしない

など、周りが見えなくなることがあります。

また、他人と会話をするときも内容がずれていることがあり、

本人はそれに気が付かずに一方的に

話しを続けてしまいます。

さらに、相手がそれに応えても反応することなく、

相手の話しには興味を示さないことがほとんどなので、

一方通行の場合が多いと言われています。

集団から孤立してしまう

コミュニケーション能力が低いために、

集団から孤立してしまうことは多いようです。

アスペルガー症候群の症状は

社会的にもあまり理解されていません。

そのため、自己中心的な人間だと思われることが多く、

周りから浮いてしまうことも少なくありません。

ただ、他人に興味がないアスペルガー症候群の方は、

その状況を理解することが難しく、

ひとりで過ごす時間を楽しむようになります。

そうしたことで、

次第に孤立した環境をつくりあげていく

ことにもなってしまうのです。

また、自分のことを理解してくれる

一部の友達しかいなかったり、

同じ年代の友達がいないという方も

少なくないようです。

直接的な表現しかできない

アスペルガー症候群の方は曖昧な表現が、

とても苦手です。

発言はとても直接的で、

細かいところにこだわりを持っています。

また、相手の話しをそのまま受け取ってしまうので、

例え冗談を言われても、

それを冗談として受け取れず

真実だと思っていまいます。

間接的で遠回しな表現をされた場合は、

何を言っているのか理解に苦しむと言われます。

相手から曖昧な返答をされた場合は、

怒ってしまうこともあるようです。

喜怒哀楽の表現ができない

アスペルガー症候群の方は怒っていないのに、

まるで怒っているかのような表情を見せます。

また、悲しいときも表情に出すことが難しいので、

家族が亡くなってしまった場合でも、

悲しむ様子を外見から判断することは難しい

と言われています。

このように喜怒哀楽が表現できない

という特徴を持つアスペルガー症候群の方は、

環境に合わせた表情ができないことで

周囲から誤解されることが多いのです。

ただ、感情が表に出せないだけで、

心の中では深い悲しみや怒りなどを抱えている

というときもあります。

周りがそれを理解できないために、

精神的なストレスを抱えてしまうことも

少なくないのです。

ジェスチャーができない

人と会話をするときに、

言葉以外で表現をすることができません。

コミュニケーションの方法に

・ジェスチャーを用いることができない

・抑揚をつけられない

という特徴を持つと言われています。

さらに、

・モノマネができない

・ごっこ遊びができない

などの傾向もあるようです。

ただ、ごっこ遊びは苦手と言われていますが、

自分の世界観を持っているので、

ファンタジーのような自分のイメージの中で

遊ぶことは多いようです。

そのため、他の子供と一緒に遊べないという

幼少時代を過ごしていた方が

たくさんいらっしゃるようです。

仕事での困りごと

就職や転職活動が困難

コミュニケーションに障害がある

アスペルガー症候群の方は、

就職や転職活動が困難に感じる場合が多くあります。

採用面接では担当者の方と

コミュニケーションを取りながら

進めていきます。

面接の中では、

・コミュニケーション能力

・仕事への姿勢

・対応能力

などが見られることがほとんどです。

そのため、対人関係に障害があったり、

即時に対応すことが難しいなどの特徴を持つ

アスペルガー症候群の方は、

面接を通過しにくくなります。

計画を立てることが苦手

スケジュールを立てたり、準備をする

といったことがとても苦手なので、

仕事で困ることがあります。

また、書類をまとめることやデスクの整理整頓なども

苦手と言われるので、職場の仲間から冷たい視線で

見られることも少なくありません。

臨機応変に対応ができない

アスペルガー症候群は変化することが苦手

という傾向があるので、

状況にそった柔軟な対応が難しいようです。

そのため、臨機応変な対応が求められる仕事では、

とても苦労をすることになります。

そのため、

・状況に合わせて対応を変えなくてはならない

・適切な言葉遣いを求められる

・瞬時に応答を求められる

などといった職業は向いていないと言われます。

業務内容によっては全く仕事ができない

と言ったケースもあり、

中には退職をせざるを得ない場合もあるそうです。

社会性がない

空気を読み取ることが困難なので、

「常識がない人だ」、「あの人は協調性がない」

と周囲から思われてしまう場合が多いようです。

大人になると空気を読むことを必然的に求められます。

そのため、他の人が残業しているのに、

ひとりだけ帰宅することはできないなど、

その時々の様子を読み取った行動を

しなければならなくなります。

もし、周りと違った行動をとってしまうと、

「社会性がない人間」

言われてしまうようになります。

⇒アスペルガー症候群向けの職業はコレ!

外見には特徴はあるの?

アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムの方は、

整った顔立ちの方が多い傾向にあるようです。

幼いころとても可愛く、大人になっても童顔で

若く見られる場合があるようです。

一方、だんだん年をとると、童顔さが目立ち

全体のバランスが崩れてくることもある

と言われています。

また、若いころに外見のバランスが悪い

と言われる方は、

年をとるにつれて

魅力的な雰囲気に変わっていく

方も多いそうです。

後々に外見が整ってくるタイプは、

生まれたときに頭囲が一般よりも

大きいことがあるようです。

アスペルガーによるストレスは大きい

アスペルガー症候群を抱えていると、

他人と上手くコミュニケーションを

取ることができないので、

周囲から孤立して

悩みを抱えやすくなります

それにより、精神的なストレスを抱く方は

たくさんいらっしゃいます。

大人になってもアスペルガー症候群だと

発覚していないときは、

激しいうつ状態を引き起こしてしまう

というケースがあります。

また、アスペルガー症候群は脳の機能障害が

原因とされているために、

本人の努力だけでは改善が難しい

と言われています。

そのため、周囲が適切にサポートして、

生活しやすい環境をつくることは、

本人や周りの関係を良くするためにも

欠かせないのです。

アスペルガー症候群の方が生活しやすい環境、

他人と一緒に過ごせる環境をつくるためには、

社会全体で症状を理解することが大切

なのです。

また、自分にその特徴や傾向があるときは、

改善方法を取り入れることで

生活環境を変えることができます。

⇒大人アスペルガー症候群の診断チェックはこちら