アスペルガー症候群に向いている仕事とは?

「アスペルガー症候群に向いている仕事とは?」

と考えている方は多いのではないでしょうか。

アスペルガー症候群で大人になって仕事をする場合、

自分に合った仕事に就けるかが

生活環境に大きく関わってきます。

向いている仕事に就けないために

うつ病になってしまった……

という方はとてもたくさんいらっしゃいます。

アスペルガー症候群に向いている仕事とは

どのようなものがあるのでしょうか。

アスペルガー症候群に向いている仕事とは?

大人のアスペルガー症候群が選ぶべき仕事とは

アスペルガー症候群の方が大人になって選ぶべき仕事は

自分の適性に合った仕事です。

アスペルガー症候群の特徴には、

・人とコミュニケーションを取ることが苦手

・マルチな作業に対応できない

・臨機応変に対応できない

・口頭で伝えられると覚えられない

・優先順位がつけられない

などが挙げられます。

そのため、

・電話対応が少ない仕事

・計画を考える、段取りを考える必要のない仕事

・多業務の同時並行がない仕事

などを選ぶと安心です。

アスペルガー症候群の方は

向いている仕事を選ぶというよりも、

苦手な仕事を選ばないということを

考えると良いでしょう!

プログラマーが向いている仕事と言われる理由

職業の中にはアスペルガー症候群に向いている仕事!

と言われるものがあります。

多く挙げられるのが、

・プログラマー

・WEBデザイナー

・医師

・建築士

などがあります。

特にプログラマーはIT関係に強い興味を持つ

アスペルガー症候群の方が多いために、

向いている仕事と言われています。

私もプログラマーですが、

・仕様書に基づいて作業ができる

・ひとりで作業を進められる

・人とのコミュニケーションが少ない

などのメリットがあるために

ストレスをほとんど感じず仕事ができます。

そのため、ITに興味がある人は

向いている仕事!

考えることができます。

一方、顧客や営業と打ち合わせをしなければならない

システムエンジニアになると、

アスペルガー症候群には向いていないかもしれません。

システムエンジニアは顧客や営業と

意思の疎通が必要になります。

他社の考えを読み取ることが難しい

アスペルガー症候群にとっては、

困難な職業と言えるでしょう。

対人関係の少ないプログラマーであれば

十分向いている仕事と言えるので、

パソコンが好きな方は目指して見ると良いですよ。

⇒向いている仕事に!アスペルガーが未経験からプログラマーになる方法

⇒人と関わりたくない!アスペルガー向けのプログラミング独学勉強法

アスペルガーに向いている仕事の選び方

アスペルガー症候群に向いている仕事の実例として、

プログラマーを紹介しました。

アスペルガー症候群の方はITに興味が強い人が多い

と言いましたが、もちろん全ての方に

当てはまるわけではありません。

・視覚的に優れている人

・数学に強い人

・音楽に興味がある人

などさまざまな特性があります。

自分の適性によって

向いている仕事は異なるので、

いろいろな職業を

チェックしてみてください

⇒アスペルガー症候群に向ている仕事は?適職リストから選ぶ!