アスペルガー症候群を治したい!改善方法とは?

アスペルガーを治したい。治し方・改善法について

アスペルガー症候群を治したい!

アスペルガー症候群の方は人間関係の悩みやうつ・不眠・過敏など、多くのストレスを抱えて生きることがつらい……と感じてはいませんか?

アスペルガー症候群はコミュニケーションを取ることが苦手なために、人の2倍も3倍も周囲に気を遣っていることでしょう

しかし、アスペルガー症候群は完全には治らないにしても、苦手なことをカバーすることで生きづらさは解消できるんです。

誰も自分のことを理解してくれない、生活をしていくのがつらいと悩んでいる方は、アスペルガー症候群の「生きづらい」を改善につなげる方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アスペルガーを治したい!大人になるほど生きづらい理由

引きこもり,原因,発達障害,アスペルガー,治し方,アスペルガー症候群,改善,治したい,大人

大人になるほど人間関係のこじれが深刻に

アスペルガー症候群は大人になるほど、人間関係が上手くいかずに深刻になっていきます。

学生の頃は苦手な人とは関わらない、親しい友人だけと関わるということができました。

しかし、大人になると仕事をしなければならないため、苦手な人とも関わりを持たなければならず逃げ場がないのです。

そのため、アスペルガー症候群は大人になると

  icon-check-square-o 他人と意思の疎通ができない

  icon-check-square-o 職場でいつもトラブルを起こしてしまう

  icon-check-square-o 仕事に行けない、行きたくない

  icon-check-square-o 周りから孤立している

  icon-check-square-o 家族とも上手くいかない

  icon-check-square-o 片付けができないことで批判される

他者と共存ができないということに辛さを感じてしまいます。

また、アスペルガー症候群は外見からでは発達障害であると判断することが難しいため、「ただ常識を知らないだけなのでは?」と、周りから冷たい態度を取られてしまうということも少なくありません。

アスペルガー症候群の悩みは理解されない

一緒にいる人に「アスペルガー症候群がいるとこっちも大変なんだ」と、言われたことはありませんか?

アスペルガー症候群は意思の疎通が苦手、融通が利かないところがあるので、確かに周囲の人を困らせる場合もあります。

でも、周りの人たちは、

  • 普通に人とコミュニケーションが取れます
  • 「空気を読む」ということを理解できます
  • 原因不明の体調不良を感じることも少ない

そのため、日常生活を楽しむ方法を知っています。つまり、「リア充」と呼ばれる人なのです。

最もつらいのは、そのつらさを理解してもらえないアスペルガー症候群なんです

風邪ならば、治したいと思ったら病院に行けば治ります。

でも、アスペルガーは治したいと思っても病院に行ったところで治らないのです。

結局のところ、アスペルガー症候群の本当の理解者なんていません。辛さは本人にしかわからないのです。

生きづらさを回避するには、「周囲のサポートを受けるのが1番」と言われています。

しかし、家族からでさえも理解してもらえないという方も多いはずです。

誰からも理解されないときは、

  icon-check-square-o 周りの人から冷たい言葉を浴びせられる

  icon-check-square-o 友人からも家族からも孤立する

  icon-check-square-o 大人になっても怒られ続ける

  icon-check-square-o 助けを求める場所がない

悩みや生きづらい状況に陥り、うつ状態から抜け出せなくなるのです。

アスペルガー症候群を治したいけど病院では治らない

アスペルガーの治し方・改善方法とは

アスペルガー症候群は病気とは異なるため、「治る」ということはありません。

アスペルガー症候群の障害自体は治療することができないので、自分が必要と感じなければ病院に行く必要もないのです

よっぽど親身になってくれる医師であれば別ですが、病院に行ってもアスペルガーの悩みを伝えたところで「で、どうしたいの?」と、軽くあしらわれてしまうこともあります。

実際に私が仕事の人間関係で体調を崩して専門機関に行ったとき、自分の辛さを医師に話してみるも「結局どうしてほしいのかわからない、診断書なら書くけど……。」と言われてしまいました。

病院ではアスペルガーを改善できない?

あくまで個人的な意見にはなりますが、重度のアスペルガー症候群の方や医療的な治療の必要がある場合を除くと、アスペルガー症候群やADHDの場合は病院に行く必要がないのでは?と私は思っています。

もちろん、治療の必要がある人は身体のために専門機関に行くべきです。

専門機関は診断や治療を目的とする場所なんです。

そのため、「生きづらいを解消するためにアスペルガーを治したい」という場合は、病院は適切な方法ではないのです。

病院に行って医師と話しても治し方は教えてくれません。治療してほしいと思っても直接的な解決策は何も教えてくれないのです。

そして、そもそもの問題は、病院に行っても言いたいことが伝わらない……

自分の状態・症状を伝えたくても、いざ医師の前に座ると言葉を上手く整理して話せないので、言いたいことをひとつも理解してもらえないんですよね。

眠れる薬や抗うつ剤、胃腸薬など、気になる症状を抑える薬はもらいましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

薬もただ飲み続けるだけだったので、私は結局通院もやめてしまいました。

アスペルガー症候群を治したい!改善方法とは?

アスペルガーの治し方・改善方法とは

自分にアスペルガー症候群の特性があることを受け入れる

アスペルガー症候群を治したいときは、まず自分にどんな特性があるのかを知り、それを受け入れることが大切です。

正直なところ、大人のアスペルガー症候群は改善のために努力しなければ誰からも受け入れられません

私は「自分がアスペルガー症候群ではないか」と大人になってから気がつきました。と言っても、ハッキリした診断はもらえているわけではありません。

大人になって「もしかして自分はアスペルガーなのでは?」と気が付いても、グレーゾーンの場合ははっきりした診断はもらえないこともあります。

それでも、「空気が読めない」「自分勝手な人だ」「お前はコミュ障だ」と、周囲からは冷たい目で見られてしまいます。

人から批判を受ける度に「なぜ自分ばかりが?」とつらさばかりを感じてしまいます。

しかし、自分にはアスペルガー症候群の特性があると理解をすることで、これまで自分が思い悩んでいた理由が全て解決するのです。

  なぜ何をしても人から嫌われるのか

  こんなにも人と話すのが怖いのか

  人から融通が効かないと言われるのか

 icon-chevron-circle-right ひとつのことしかできない

  頻繁に無気力状態・うつ状態に陥るのか

このような、自分ができないこと・苦手である分野が理解できたのであれば、その苦手を埋めることで生きづらい状況から抜け出せるのです。

アスペルガー症候群の診断・治療が必要なときは専門機関に行く

アスペルガー症候群は病院では治らないとは言いましたが、障害認定やうつ病、不眠症などの治療が必要なときは専門機関で受診を行ってみてください

発達障害自体は治療できませんが、アスペルガー症候群によって引き起る二次障害は治療の範囲になります。

特に、アスペルガー症候群の特性が強く仕事に支障が生じる場合は、就職や転職できない、仕事が続かないなどの問題も出てきます。

アスペルガー症候群のために仕事ができないときは、障害認定をもらって障害者枠で就職・転職をする方が働きやすい環境をつくれます。

⇒アスペルガー症候群向けの就職・転職方法はこちら

自宅でできる改善マニュアルを試す

   通院はお金ばかりかかる

   病院の人との会話がそもそも苦手

   自宅で改善できる方法を試したい

病院が苦手だったり、自宅で個人的に対処したいときは、「アスペルガーadhd発達障害改善マニュアル」がおすすめです。

アスペルガーadhd発達障害改善マニュアルは、体調不良や人と話せない原因を根本から改善する方法を教えてくれます。

アスペルガーadhd発達障害改善マニュアルの特徴
  1. 自宅で自分のペースで始められる
  2. 誰にも内緒で取り組める
  3. 日常生活から改善に取り組むスタイル
  4. アスペルガー症候群向けの食べ物を知れる
  5. 人付き合いに必要な共感力が身につく

アスペルガーadhd発達障害改善マニュアルを取り入れると、

  人と落ち着いて話したい

  安心して仕事ができるようになりたい

  夜、ゆっくり眠りたい

  イライラや衝動を抑えたい

  精神的に安定した気分で過ごしたい

このような生きづらさを改善するサポートをしてくれます。

私は改善マニュアルを使うことで仕事の人や家族、ママ友などと話せるようになり、仕事や家事ができるようになったね!と褒められることが増えてきました。

「お前はおかしい」といつも全否定していた家族も、改善プログラムを取り入れることでアスペルガーに理解を示してくれるようになったことは嬉しかったです

たったひとりで生きていくなら自分がアスペルガーでも困ることはありません。

でも、仕事を続けたいときや家族と仲良く生活していきたいときは、アスペルガーの苦手分野を治さなければ何も解決できません

人と共存して、かつ自分も楽しく生きたいのなら、できるだけ早くアスペルガー症候群を改善することをおすすめします

⇒「アスペルガー改善マニュアル」って実際どんなもの?

アスペルガー症候群を改善する理由

人に興味がない,病気,大人,アスペルガー,改善

アスペルガー症候群の特性を持つ人は、常に生きづらさを感じています

  空気が読めないことで人間関係の悩みが絶えない

  原因不明のイライラや衝動、不安感に襲われる

  仕事が続かず転職を繰り返している

アスペルガー症候群は他者よりもコミュニケーションが苦手で、こだわりが強いことから、周囲に馴染めずにトラブルを抱えることが多くなります。

もちろん、それでも悩みがなく快適に生活できているという方は、アスペルガー症候群を治すために特別な行動を起こす必要はありません。

しかし、アスペルガーによって上手く生きられないと悩みを抱えている方は、少しでも充実した人生に変えるために改善に取り組むべきだと私は思っています。

アスペルガー症候群は完全には治らなくても対処法を生活に取り入れると、人と上手に関われるようになったり、原因のわからない体調不良を落ち着かせることができるんです。

私も今まで人と話すのが本当に苦手で、常に周囲の中で孤立していました。友人はほとんど居ない、家族とも上手く関係を築けないことで、生きることに嫌気を感じる毎日でした。

さらに、原因不明の体調不良やうつ、不眠に悩まされるなど、生きづらさを挙げるとキリがありません。

でも、「自分の苦手な部分を補うようにする行動」を始めてからは、人とリラックスして会話ができるようになり、以前よりもずっと体調も気分も安定して過ごせるようになりました

治らないと言われているアスペルガー症候群ですが、改善のためにきちんと取り組みを行うと人付き合いも、仕事も、恋愛も、他の人と同じようにできるようになるのです。

  他人と緊張せずに話せるようになりたい

  恋人が欲しい・恋愛がしたい

  楽しく仕事がしたい

  家族と仲良く暮らしたい

アスペルガー症候群を改善すべき理由は、自分の悩みを解消させ楽しく生きるためなのです。

アスペルガーを治したいなら日常生活から「生きづらい」を解消する

引きこもり,ky,消す,治す,アスペルガー症候群,就職活動,コミュ障,仕事,おすすめ

アスペルガー症候群によって起こる悩みや人間関係のトラブルから解放されたいときは、日常生活から改善の取り組みをはじめてみてください。

病院に行っても治らない、薬の治療ばかりでつらい、医師がわかってくれないと、通院生活に悩んでいる人は少なくありません。

アスペルガー症候群は自分の考え方を少し変えてみたり、普段の食べ物を変えてみることで気になる悩みをグッと楽にすることができるんですよ。

特に食生活はとっても大切で、「食べた方が良いもの」「食べない方が良いもの」を考えて生活改善することで身体や心の健康をサポートできます。

アスペルガー症候群にとって「食べない方が良いもの」があることを知っていますか?

一方で、「積極的に食べた方が良いもの」もあります。

アスペルガー改善マニュアルでは、このアスペルガーにとって必要な食生活を教えてくれます。

食生活を見直すだけでも原因不明の体調不良が和らいだり、心穏やかに日常を過ごせるように身体や気持ちが落ち着いていきます。

アスペルガー症候群は日常的な取り組みで、気になる問題を抑え生きづらい状態から抜け出せるんです

特に食生活の取り組みは、私にとっても一番合っている生活サポートだと思えました。

やり方を知っているだけで過度なストレスがグッと軽減されるものなのです。

アスペルガー症候群の「生きづらい」は解消ができる

adhd,空気読めない,改善,アスペルガー症候群,発達障害,治し方,治したい

「子どものときから悩むことばかりで何も状況が良くならない、大人になるほどに生きづらい……」という方はきっと多いはずです。

人間関係でストレスを感じて、

  icon-check-square-o 何が悪いのかわからない

  icon-check-square-o 結局どうしていいかわからない

  icon-check-square-o 生きることに辛さしかない

  icon-check-square-o 病院に行っても治らない

このように、人生自体に不安を抱えていることでしょう。

きっと、人生が上手くいかないのは自分が悪いと、自分を責めているかもしれません

しかし、これまでの辛い生活は決して自分が悪いわけではありません

ですが、このままの生きづらい状態を続けてしまうと、今の悩みから抜け出すことはできません。

幸せになるために生きづらさを解消

アスペルガー症候群は苦手なことがあっても、ひとつひとつ日常生活の中で対処していくことで改善につなげられます。

自宅でできるアスペルガー改善マニュアルは、自分の苦手な部分の原因を知り、実践的に取り組めるので次第に生きづらさを解消できます。

人間関係が上手くいくと仕事もはかどるので、成果を認められお給料アップにつなげられるなど、嬉しい相乗効果も期待できるんですよ。

アスペルガー症候群を治したいときは生きづらいを解消できる「改善マニュアル」がおすすめ

「人間関係が辛い」「仕事ができない」と悩むのはもったいないことです。

大人のアスペルガー症候群は「空気が読めない」、「コミュ障」「原因不明の体調不良」でつらいことばかりです。

しかし、アスペルガー改善マニュアルを取り入れると、毎日の生活を今よりも楽しめるようになります。

これからもずっとアスペルガーに悩み続けるのはもったいないです。

まずは、自分がどんな生き方をしたいか考えて、そのために今すべきことを実際に行動に起こしてみてください。

私が生きづらさ改善のために具体的にはじめたことは、

  1. 仕事で悩まないためにフリーランスに
  2. 家族と仲良く生活するために改善マニュアルを取り入れる
  3. 心の健康のためにサプリメントを飲む

以上の3つです。

今の生活が辛いときは「生き方」を少し変えてみてください。

生き方を選ぶことで自分にとって生きやすい人生に変わります。

アスペルガー改善マニュアル、仕事も、サプリも生き方を選ぶための手段なんです。

アスペルガーに悩まされたくない、治したいという方は、改善マニュアルでもっと楽しく充実した生き方に変えてみてくださいね。

⇒アスペルガーを治したい!改善マニュアルの評価と口コミとは