アスペルガー症候群の女性は会話が苦手!その特徴と対処法

アスペルガー症候群の女性は男性と比べて

コミュニケーションの障害が目に見えて困難

というわけではないようです。

とは言え、障害を抱えているために、

女性同士の会話が苦手……と

感じている方はたくさんいらっしゃいます。

女性のアスペルガー症候群の特徴と

日常会話などの対処法をまとめてみました。

女性のアスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群の主な特徴

アスペルガー症候群の主な特徴は次の3つが挙げられます。

社会性の障害

コミュニケーションの障害

こだわりの強さ

アスペルガー症候群の方は社会性が未発達のために、

他人と同調・協調することが難しいと言われています。

また、コミュニケーションを取ることが苦手で、

人の顔を見て会話ができない、

人の話を聞けない、

一方的に話し続けてしまう、

などの特徴を持ちます。

興味のあることのこだわりが大変強く、

熱中してしまうと周りのことが

見えなくなってしまいます。

そのため、

自分の名前を呼ばれても気が付かない、

こだわりを曲げられない、

などの一面を持ちます。

女性特有のアスペルガー症候群の特徴

女性と男性のアスペルガー症候群の特徴は

異なると言われています。

女性特有のアスペルガー症候群の特徴は、

次のようなものが挙げられます。

・不眠や寝起きの悪さなどの睡眠障害

・朝起きれないくらいの激しい疲労感

・吐き気や腹痛

・便秘や下痢

・原因がわからない発熱

・激しい月経前症候群

女性と男性の大きな違いは、

原因不明の体調不良が引き起りやすいことです。

そのため、人との会話では発覚しなかった障害も、

体調不良が原因でアスペルガー症候群が見つかった

というケースもあるようです。

女性アスペルガー症候群の会話の悩み

アスペルガー症候群の女性も会話が苦手

アスペルガー症候群の女性の悩みのひとつは、

女子会などのガールズトークの参加が難しい

ということです。

興味のあることへのこだわりが強いために

おしゃべりはできますが、

相手と会話のキャッチボールが困難なので

すれ違いが生じることが多いようです。

・相手話しを遮ってしまう

・顔や目を見て会話ができない

・女性的な考え方が難しい

・グループトークが苦手

など、女性同士の付き合いが難しく

孤立してしまう人も少なくないでしょう。

周囲と上手く会話をするために

周囲と上手く会話をするためには、

聞き手にまわるようにしてみましょう。

一般的に女性は自分が話したい!と

思う傾向にあります。

アスペルガー症候群の症状により

一方的に話し続けてしまったり

他人との会話がすれ違ってしまうのであれば、

できるだけ自分が話すタイミングを少なくして、

相手に積極的に話してもらいましょう。

自分が聞き手にまわることで、

女性同士の会話はスムーズに進むことでしょう。

自分が話すときは、

相手に質問を持ちかける

目的(時間)を決めて話す

など、会話に工夫を取り入れることで、

相手とコミュニケーションを

取るようにしてみましょう。

会話のコツをつかむだけで、

ガールズトークや日常の雑談が楽に感じられるので、

アスペルガー症候群のために

コミュニケーションが苦手という方は、

ぜひ試してみてください。

⇒空気が読めないを治す3つの方法とは?