アスペルガー症候群の原因とは?脳の障害と遺伝について

アスペルガー症候群は自閉症スペクトラム障害の

ひとつだと言われています。

自閉症スペクトラム障害は

知能障害を伴うものもありますが、

「アスペルガー症候群」は知能障害を持たない

発達障害だと言われています。

それゆえに、子供の時に診断されることが少なく、

大人になってから発覚した

という方も少なくありません。

アスペルガー症候群が引き起る原因とは

どのようなものなのでしょうか。

アスペルガー症候群の原因とは

アスペルガー症候群の原因は脳の機能障害

アスペルガー症候群の原因は、

子供のころの家庭環境や

愛情不足が原因では?

と言われていた時期もありますが、

現在ではその要因は否定されています。

アスペルガー症候群の最も有効とされている原因は、

脳の機能障害によって引き起こされる

ものではないかと言われています。

先天的に脳に微細な障害があるために、

社会的行動に障害が生じているのではないか

と考えられています。

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群の方の特徴は、

・社会性の障害

・対人関係の障害

・興味の障害

の3つの障害が挙げられています。

これらの症状が起こるのは、

・共感の感情をコントロールする機能

・相手の表情を読み取る機能

・相手に合わせて行動を取る機能

などに関係する脳の部分に

何らかの支障があるためではと言われています。

つまり、アスペルガー症候群を抱えている方は

本人の性格とは全く関係していない場所で、

症状が引き起こされていると言えるでしょう。

アスペルガー症候群と遺伝の関係

アスペルガー症候群は遺伝するのか?

アスペルガー症候群を持つ方は、

遺伝の関係が気になるという方が多いようです。

・自分の症状は親から遺伝したものなのか

・自分の障害は子供に遺伝するのか

大人になると結婚をして

子育てをする方もいらっしゃるでしょう。

子供の自分の障害が遺伝したら……

と考えてしまいます。

ただ、アスペルガー症候群と遺伝の関係は

明確に解明されていません

親から子供に障害が必ず遺伝する

とも言われていないので、

不安を持ち過ぎない方が良いかもしれません。

また、先天性の脳の機能障害が原因と言われていても

幼少期に血液検査などで診断することは

難しいようです。

子供のアスペルガー症候群の発覚は、

子供の成長段階でその異変に

親が気が付くケースが多いようです。

症状が気になったときは診断を

アスペルガー症候群は目に見える症状がないために、

診断が難しい発達障害だと言われています。

脳の機能障害と言われていますが

病理検査などからは判断ができず、

診断方法は日常生活の様子などから

確定されることがほとんどです。

もし気になる症状があるようでしたら、

専門機関に相談したり、

セルフチェックをしてみると良いですね。

⇒アスペルガー症候群のセルフチェックはこちら