大人のアスペルガー症候群の症状とは?

大人のアスペルガー症候群の症状には、

どのようなものがあるのでしょうか。

アスペルガー症候群は大人になるほど、

生きづらさを感じるようになります。

他人と一緒に生活するのが辛い

うつ病で仕事に行けなくなってしまった

など、生活していくことに困難なことがあるときは、

自分にアスペルガー症候群の症状がないか、

調べてみてはいかがでしょうか。

大人に見られるアスペルガー症候群の症状

大人になると社会に出て他人と働くことが多いため、

生きづらさからアスペルガー症候群が発覚する

というケースは多いようです。

では、大人になるとどのような症状が

みられるのでしょうか。

1. 指示されている内容が理解できない

アスペルガー症候群の方は、

相手の気持ちを読み取ることが苦手です。

そのため、曖昧な表現をされると、

指示されている内容を理解することが難しいのです。

また、「~くらい」「だいたい~」などの

曖昧な表現がとても苦手です。

アスペルガー症候群の方が大人になって困ることは、

仕事上の曖昧な表現や社交辞令が増えることだと

言われています。

2. ひとつの仕事に時間をかけてしまう

また、アスペルガー症候群はこだわりが強いという

症状を持っています。

自分の価値観を中心としたこだわりの強さがあるため、

他の人は時間をかけないということにも、

自分の想いが達成されるまで

成し遂げようとしてしまいます。

職業によってはこれは強みとなりますが、

スピードが求められる仕事では

大きなデメリットになります。

3. 集団で会話をすることが難しい

さらに、コミュニケーションを取ることが苦手、

ひとりでいることが好きという症状があるため、

集団で生活をすることに苦痛を感じます

大人になると仕事でミーティングをしたり、

職場仲間と一緒にランチを食べることもあります。

ミーティングでは発言のタイミングなどが

読み取れないために、

しばしば周りから冷たい視線で見られることも

あるようです。

職場で一緒にランチを食べなければいけないときは、

自分だけ浮いている気分になったり、

他人と過ごすこと自体を苦痛に感じ、

仕事に行くことが辛くなる原因になることもあります。

アスペルガー症候群かも?と思ったら

大人になって自分にアスペルガー症候群の

症状が見られた場合、

もちろん病院を受診するかは本人の自由になります。

ただ、アスペルガー症候群の方は、

人間関係や仕事が上手くいかないなどの悩みから、

うつ病などの2次障害を

起こしてしまうこともあります

これらの二次障害が引き起ることは、

とてもつらく、生活をしていく上で

大きな障害になってしまいます。

生きるのがとにかくつらい……

ひとりで抱え込んでいる方が

いらっしゃいましたら、

アスペルガー症候群の改善方法を

取り入れてみてください。

自分の特性や症状をさらに詳しく知ることで、

アスペルガー症候群との付き合い方がわかります。

改善プラグラムを活用することで、

人間関係を良好に、

悩まされていた体の不調も良くなります

アスペルガー症候群は必ず改善できるので、

ぜひ思い切ってアクションを起こしてみてください!

⇒大人のアスペルガー症候群はコレで改善!症状を楽にする方法とは?