大人のアスペルガー症候群をチェックする方法とは

大人,アスペルガー,チェック,発達障害,転職,成功特徴

アスペルガー症候群は先天性の発達障害と言われています。

発達障害と言っても知的障害を伴わないため、自覚症状がなかったり大人になるまで気付かないという場合もあるんですよ。

もちろん、子供の頃に気づいて診断をされる人もいます。

しかし、大人になっても気が付かないという場合は、自分でも理由のわからない人間関係のトラブルに悩まされるこのようなケースが多くなります。

自分はアスペルガー症候群?社会に出て「生きにくさ」を感じるようになった……。

人と関わるのが辛いなどの悩みを持っている方は、大人のアスペルガー症候群のセルフチェックを行ってみましょう。

スポンサーリンク

大人のアスペルガー症候群をチェックする方法

頭が混乱して会話ができない,アスペルガー症候群,改善,大人,治す方法,治したい

アスペルガー症候群の症状は主に3つあると言われています。

 icon-check-square-o コミュニケーションの障害

  社会性の障害

  強いこだわり

これらの3つの症状があることで、他人との関わることが難しくなり、社会に出て常に対人関係に悩むことになるのです。

  自分には親しい友人がいない

  1人で居る方が楽だ

  特定のことに強い関心がある

大人になって自分はもしかしたらアスペルガー症候群かもしれないと思ったら、セルフチェック診断を試してみてください。

アスペルガー症候群のチェック方法

では早速、大人のアスペルガー症候群をチェックしてみましょう。

チェック項目を20個ほど挙げます。

該当する項目を数えてみてください。

■大人のアスペルガー診断チェック■

   集団行動が苦手

   いつも自分が浮いているように感じる

   空気が読めないと言われる

   他人の気持ちを読み取ることが苦手

   気が付かない間に他人を怒らせてしまう

   会話をするときは自分が一方的に話をしている

   人の話を聞いていないことが多い

   相手の顔を見て会話をしていない

   ひとりで過ごす方が好き

   他人のことに興味が持てない

   自分の考えは正しいと思う

   強い興味を持つものがある

   予定を変更されるのが嫌だ

   好きなことに没頭すると周りが見えなくなる

   小さな音やニオイになどに敏感だ

   車のナンバーや電話番号を覚えるのが得意

   人の顔や名前を覚えるのがとても苦手だ

   冗談が通じないとよく言われる

   スケジュールの管理が苦手だ

   曖昧な表現ができない、理解できない

チェック項目は以上です。

該当する項目が多いほど、アスペルガー症候群の傾向が高いと言われています。

すべてにチェックがついたという方は、発達障害の疑いがあるかもしれません。

もし、悩みを抱えて生きづらい……と感じている場合は、その問題を改善するための取り組みをはじめてみてください。

大人になってアスペルガー症候群だと分かった場合

自分にアスペルガー症候群の疑いがあるときは、専門機関で診断をしてもらうことができます。

ただ、アスペルガー症候群は病気ではないので完治することは今の段階ではできないと言われています。

アスペルガー症候群によって社会的生活が困難という場合は、病院で診断してもらうことで公的機関から援助してもらうことも可能です。

しかし、軽度のアスペルガー症候群の場合は生きづらさは感じるが生活できないほどではないため、公的支援を受けられる診断まではしてもらえない場合もあります。

病院に行ってもアスペルガーと診断されない「グレーゾーン」と言われる人は、結局は自分の力で生きていくしかないのです。

大人になるまでアスペルガー症候群だと発覚していない人は、グレーゾーンである軽度のアスペルガー症候群かもしれません。

このアスペルガー症候群グレーゾーンの人は、空気が読めないことで社会で生きることに辛さを感じている場合がほとんどです。

⇒「空気読めない」を治す方法。脱KYできる共感力の身につけ方

アスペルガー症候群でも病院に行かなくて良い?

実は自分にアスペルガー症候群の傾向があっても病院に行くことは必須ではありません

アスペルガー症候群は病院に行けば治るわけではないので、実際に病院に行っても、

  icon-check-square-o 曖昧な診断をされて結局何も変わらなかった

  icon-check-square-o 薬ばかりを処方されて副作用に悩むばかり

このように問題解決にならないときもあるのです。

病院は診断・治療をしてもらうところなので、診断結果が必要、特定の症状の治療がしたいというケースでない限り、病院には行かないという手段を選んでも問題はありません。

大人になってアスペルガー症候群の疑いが出ると病院に行く勇気は本当に出ないものです。

でも、アスペルガー症候群の生きづらさをそのままにしているとうつ病などの他の病気を併発してしまうことがあります。

このような二次障害は発達障害に起こりやすいものなので、できるだけ早くアスペルガー症候群の生きづらさを改善するための対処法を取り入れていきましょう

辛い環境を改善するためには、アスペルガー症候群のことを知って適切な改善策を取ることが1番です!

⇒大人のアスペルガー症候群の治し方と改善法とは

アスペルガー症候群は仕事でも問題ばかり

大人になると仕事の関係から、自由度が減り社会性を求められるようになります。

そのため、アスペルガーを抱えていると

   頑張った分だけ空回りをしてしまう

   何をやっても人から嫌われてしまう

   他人から指摘をされても治し方がわからない

というケースがほとんどでしょう。

発達障害を抱えているのにも関わらず、無理に頑張らなければならない……。

どんな仕事も必ず失敗してしまう。

アスペルガー症候群の特性があると、大人になって仕事問題で大きな壁にぶつかってしまいます。

就職・転職したくても面接で上手くいかないので、内定までつなげられない人も多いことでしょう。

また、やっと内定をもらっても人間関係や業務内容で上手くいかないと仕事を続けることでさえ困難になります。

アスペルガー症候群の人が仕事をするためには、自分の得意な分野・ずっと続けられる適職に出会うことが重要です。

大人のアスペルガー症候群にとっては、自分に向いている仕事を見つけることが充実した人生を過ごすための方法になるのです。

⇒アスペルガーで就職できない!就活成功の方法とは?

アスペルガー症候群の悩みは改善した方が良い

自分がアスペルガー症候群の場合は、誰にもわかってもらえずに毎日苦痛の日々を過ごしていると思います

   理由がないのに人から嫌がらせを受ける

   全く仕事が覚えられない

   激しい眠気や眠れないなどの睡眠障害が辛い

   家事ができない、片付けられない

   人間関係がとにかく辛い

このような悩みを持っていると誰かに助けてもらいたいと通院を始める人もいます。

しかし、病院に行っても生活や仕事の悩みが解決されることはありません。

そのため、今の生活がつらいと思ったら、自分の苦手な分野・問題を埋めていく方法を考えてみてください。

  • 人間関係が上手くいかないなら、コミュニケーションの仕方を見直す
  • 身体や心に不調がみられるなら、それをカバーする方法を見つける
  • 仕事が上手くいかないなら、自分の適職や向いている仕事に就く

ひとつひとつ問題を改善してみてください。

大人のアスペルガー症候群の生きづらさを改善する方法

アスペルガー,仕事ができない,大人,改善方法

アスペルガー症候群の生きづらさを改善したいなら、生活習慣を見直すことからはじめてみましょう。

具体的には人との関わり方だったり、食生活を改善していくと良いですよ。

毎日の生活を見直すだけで、人間関係の悩みや心身の悩みがずっと楽になります。

アスペルガー症候群の「生きづらい」は必ず改善できます!

大人になってからアスペルガー症候群の特質に悩む方は、子供のころから親からも認められず「お前が悪い」と否定されている場合が多いのです。

そのため、病院に行くことに抵抗がある、人に否定されるのが怖い、誰にもバレたくないという気持ちを持っているのではないでしょうか。

誰にもバレずにひとりで早く生きづらさを治したいなら、自宅でできるアスペルガー改善マニュアルがおすすめです。

 icon-chevron-circle-right 人とコミュニケーションが取れない

  うつ病で仕事に行けない

  会社を首になりそう

アスペルガー改善マニュアルに取り組むことで、コミュニケーション困難などの自分の苦手部分の原因がわかり、今抱えている悩みを解消できます。

誰かに頼れないなら自分で解決していくしか方法はありません。

この改善マニュアルを取り入れてから、仕事で怒られることが減り友人と会話を楽しめるようになったという方は多くいます。

アスペルガー症候群の生きづらさを解消したい、治し方を知りたいというときにおすすめなのが改善マニュアルです。

今回行った大人のアスペルガーセルフチェックの項目に多く該当した方は、アスペルガー改善マニュアルを試してみてはいかがでしょうか。

↓ ↓ ↓

大人のアスペルガー症候群の生きづらさを改善する方法とは