大人のADHD。仕事でうまくいかない原因と対策まとめ

ADHDは大人になると仕事でつまづきやすい

言われています。

知識的には他の人と同じなのに、

集中力がなかったり身の回りの管理ができないと

感じている人は多いのではないでしょうか。

仕事がうまくいかない原因とその対策方法を

まとめてみたので生きづらさを感じている方は

ぜひ参考にしてみてください。

大人のADHDはなぜ働きづらい?

大人のADHD,仕事,うまくいかない,原因,対策

ADHDは注意欠陥・多動性障害

と呼ばれる発達障害です。

・不注意

・衝動性

・多動性

これらの3つの特徴を持つので、

大人になって仕事で悩むことが多い

と言われています。

大人のADHDは自覚がある人もいれば、ない人もいます。

一般企業に勤める人も多いようですが

大人のADHDは仕事の中で、

・ケアレスミスが多い

・作業が遅い

・デスクを片付けられない

などの問題を抱えてしまうために

働きにくさを感じてしまいます。

大人のADHDが仕事でうまくいかない理由

空気読めない,職場,大人のADHD,仕事,うまくいかない,原因,対策

大人のADHDが仕事でうまくいかない原因は、

その特性から業務の失敗が増えてしまうためだと

言われています。

仕事がうまくいかない原因とは

大人のADHDは、

・集中力が低い

・じっとしていることが難しい

・衝動的に動いてしまう

などの特性があるため

仕事でミスをすることが多くなります。

特にADHDの人はディスクワークが苦手なので、

仕事でうまくいかない環境を作りやすい

という原因が挙げられます。

大人のADHDが起こしやすい仕事の問題

大人のADHDが起こしやすい仕事の問題は

次のようなものがあります。

・複数の仕事を同時に行うとどれも終わらない

・大切な書類をなくしてしまうことがある

・時間の管理ができずに遅刻をしてしまう

・重要な報告を上司に伝えることを忘れてしまう

・言いたいことがまとまらず相手に考えが伝わらない

・興味のない仕事は覚えられない

大人のADHDの仕事問題は、

本人の特性によっても異なります。

集中力がないと言われているADHDですが、

向いている仕事であれば単純作業であっても

驚くほど高い集中力を発揮できます。

つまり、ADHDが大人になって

仕事がうまくいない大きな原因は

適職に就いていないためである

と考えられます。

適職に就いていないことが原因であっても

仕事がうまくいかない場合は

対策を考えなければなりません。

苦手な分野は次のような対策を

取り入れていってみましょう。

ADHDで仕事がうまくいかないときの対策

空気読めない,職場,大人のADHD,仕事,うまくいかない,原因,対策

仕事をパターン化する

ADHDは大人になると管理がうまくいかないために

仕事でミスをすることが多くなります。

複数の業務を片付けるのが苦手だったり、

時間配分ができないなど

段取りよく仕事を片付けられません。

仕事の管理能力を上げるには、

パターン化するということを取り入れてみましょう。

仕事が終わらない原因は

今何をすべきなのか把握できていない

というところに問題があります。

この仕事をもらったら

このパターンで済ませる。

毎日の仕事はいくつかのパターンに分けられるので

優先順位をつけてひとつひとつの仕事を片付ける

という対策を取り入れてみてください。

片付ける場所を決める

ADHDの人に見られがちなデスクの散らかり

基本的にADHDは大人になっても

「整理整頓する」ということが苦手です。

そのため仕事先であっても

片付けがうまくいかないと悩むことが多いはず。

片付けができないと重要な書類をなくしてしまったり、

デスクで集中して仕事をすることが難しくなります。

ADHDは整理しようと思うと

どこから手をつけて良いか迷ってしまうので、

まずは「置く場所を決める」ということから

はじめてみましょう。

物の置く場所を決めて使ったらその場所に戻す。

これを繰り返すことで散らかりを防ぎ

書類などの紛失対策にもなります。

報告のタイミングを決める

仕事がうまくいかないと悩む人は

報告不足で上司に頻繁に怒られる……

という方も多いようです。

ADHDの場合、報告ができない原因は

報告自体を「忘れている」ということが

とても多く挙げられます。

「上司は今いないからあとで報告しよう」そう思うと

いつの間にか忘れているんですよね。

このような仕事のミスは、

報告のタイミングを決めると

忘れ防止対策になります。

上司が必ずいる時間を見つけて

毎日決まったタイミングに報告する

そうすることで、

ついうっかりをなくせるはずです。

報告しなければならない内容は

毎日報告リストを作り

デスク脇など目立つところに

貼っておくと良いですよ。

ADHDだと仕事先に報告する

ADHDの仕事問題は

1人で解決できないときもあります。

もし、自分だけでは仕事がうまくいかない

というときは職場にADHDだということを

報告しているのもひとつの手段です。

ADHDだと他人に伝えることに抵抗がある

という方は多いようですが、

発達障害は職場の人に理解してもらえると

ずっと働きやすくなります。

もし、仕事がうまくいかないことで

職場に助けてもらいたいときは、

自分がADHDであることを伝えてみてくださいね。

部署を変えてもらう

ADHDはできることと

できないことの差が激しいので

仕事内容が原因でミスが多いときは

部署を変えてもらうと良いかもしれません。

事務では失敗続きだったが

開発部署に変わってからは

働きやすくなった方もいるようです。

大人のADHDの悩みは

仕事内容に大きく左右されるので、

自分に向いている職種を見つけることで

仕事問題の対策ができます。

⇒大人のADHDの適職とは?仕事がうまくいかない原因を解消

対策をとっても仕事がうまくいかないときは

大人のADHD,仕事,うまくいかない,原因,対策

大人のADHDの仕事がうまくいかない原因は

いくつかの対策を取り入れることで解消できます。

それでも仕事がうまくいかない!

仕事ができないと悩んでいる方は、

転職やADHDの改善法を取り入れてみてください。

向いている仕事に転職する

ADHDはそれぞれに特質があるので、

向いている仕事に就けば天職に。

向いていない仕事に就けば

あっという間にクビに……。

というように天と地の差が見られます。

大人のADHDは続けられる仕事に就きたいと思ったら

自分の興味のある向いている職業に

転職をしてみてください。

転職活動は一般枠よりも

大人のADHDに理解のある職場を探すために

障害者枠の求人を利用することをおすすめします。

ADHDは好きなことには

集中して情熱をもって仕事に取り組めます。

行動力があり

アイデアが湧き出てくるので

誰にも負けない才能を活かせます!

自分のスキルを活かして働きたい、

苦手な分野をサポートしてほしいという方は、

こちらの転職エージェントを活用してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

大人のADHDに向いてる仕事を探す方法はこちら

大人のADHD改善方法を取り入れる

転職する前にADHDを改善したいという方は、

発達障害の改善プログラムを試してみてください。

大人のADHDは治らないと言われていますが、

日常生活の取り組みで改善することができます。

不注意、衝動性、多動性。

これらADHDの特徴を理解して対策を知ることで

穏やかに生活できるようになります。

発達障害の改善プログラムは

ADHDやアスペルガー症候群の症状を治したい

という方が活用しています。

・病院に行っても改善しない

・薬の服用が辛い

・仕事でのトラブルを防ぎたい

こんな方におすすめなので、

ぜひ試してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

仕事がうまくいかない原因を解消!大人のADHDを改善する方法とは?