adhdに向いてる仕事とは?適職と失敗しないための対策

発達障害「adhd」を持っている人が

仕事選びに失敗しないためには、

向いてる仕事を探さないければなりません。

 

adhdは注意欠如多動性障害と呼ばれ、

不注意や多動性などの特徴を持ちます。

 

adhdが仕事を続けるために

選びたい適職と

失敗しないための対策を

チェックしてみましょう。

 

adhdに向いてる仕事とは?

adhd,向いてる仕事

adhdの症状は、

・不注意

・多動性

・衝動性

これらの3つが挙げられます。

主な特徴としては、

 icon-check-square-o 重要なことをうっかり忘れてしまう

  整理整頓ができない

  集中して座っていることができない

  人の話をさえぎって自分のことを話してしまう

このような特徴があるため

仕事でトラブルを

引き起こしやすくなります。

adhdの症状が仕事に影響をすると、

職場で問題を続けて起こしてしまい

結果的にクビになってしまう

というケースも少なくありません。

adhdが仕事をこなすには

向いてる仕事を選ぶことが

とても重要です。

それではadhdの適職とは

どのようなものがあるのでしょうか。

adhdの向いてる仕事。適職はコレ!

adhdは

自分の興味のあることに関しての

集中力がとても高い

という特徴があります。

そのため、

専門分野やモノ作りに関わる仕事に

向いていると言われています。

適職と呼ばれる職業は

次のようなものがあります。

■adhdの適職■

・編集者、記者

・ディレクター

・カメラマン

・プログラマー、ITエンジニア

・デザイナー(ファッションやフラワー、インテリア)

・アニメーター

・研究者、学者

・教員、塾講師、教授

・料理人

・整備士

・スタントマン

・声優

・美容師

・営業マン

・イベント制作者

adhdは向いてる仕事に就くことで

自分のスキルを発揮できます。

adhdは苦手な分野を避けて

得意な分野を活かすことで

仕事を成功させてみましょう

⇒発達障害者が就活を成功させる方法は?adhdの職場探し

adhdに向いてる仕事の特徴

adhd,向いてる仕事,空気読めない,男,特徴,女性,苦手,就職エージェント,プログラマ,コミュ障,適職,アスペルガー

adhdの仕事における得意な分野

adhdは安定感があると飽きやすいので、

常に気持ちを高められるものや

行動することがプラスになる職種を

選ぶと良いですよ。

■得意な分野の特徴■

・行動力が重視されるもの

・ワクワク、ドキドキする仕事

・新鮮さを感じられるもの

・リスクを感じられるもの

・変化があり状況が変わっていくもの

・突発的に行動できるもの

・短期集中型の業務

adhdに向いてる仕事は

プログラマーが特におすすめです。

プログラマーはモノ作りの仕事であり

ITの分野に高い興味があれば

簡単にスキルを身につけられます。

また、プログラマーは

同じ開発を続けるということが少なく

ひとつ開発が終わると

別のものを開発というように

常に変化を楽しめます。

開発時にミスがあると

エラーが発生しますが、

基本的にプログラミングミスは

自分でリカバリするので

ミスしたから仕事ができない

ということはありません。

また、

adhdは集中力が乏しいと

言われていますが

プログラミングに興味を持てれば、

人並み以上の高い集中力を発揮できるので

誰よりも能力の高い仕事ができます。

IT分野に興味があるadhdの方は、

初心者からプログラマーになる方法を

ぜひチェックしてみてくださいね。

⇒adhdに向いてる仕事!未経験からプログラマーになる方法とは

⇒自宅で稼ぎたいadhd向け!独学でプログラマーになる方法

adhdの仕事における苦手な分野

一方、adhdは注意散漫だったり、

多動性などがあるために

苦手な分野での仕事は

できるだけ避けた方が安心です。

苦手な分野で仕事をする場合は、

業務のミスが多くなるので

仕事選びに失敗したと

感じてしまうことでしょう。

■苦手な分野の特徴■

・計画を立てて行う業務

・書類の管理や整理を伴う仕事

・時間の管理が細かいもの

・多くの情報をその場で覚えないければならないもの

・スピードが求められるもの

・同時進行しなければならない業務

・長時間集中しなければならないもの

adhdに向いていない仕事とは

adhdの苦手分野の特徴から

向いてない仕事を選ぶのであれば、

次の職業は避けた方が良いですね。

■避けたい職業■

・経理や事務などの管理業務

・工場などの単純なルーチンワーク

・刺激の少ない農業

・細かなチェックが必要になる検品作業

・注意力が必要になる車の運転

・正確さが求められるもの

・臨機応変に対応しなければならないもの

⇒大人のadhdの向いてる仕事探し。仕事でうまくいかない原因とは

adhdの向いてる仕事の探し方

adhd,向いてる仕事,コミュ障,仕事できない,就職支援会社,エージェント,企業,障害者,障害者枠,就職,転職,就活

興味のある分野を見つける

adhdが向いてる仕事を探すには、

興味のある分野を

見つけることが重要です。

普段は集中力がないが

これならいつまでも集中して取り組める!

というものはありませんか?

何時間でも時間を忘れて没頭できる

というものがあれば、

それを仕事に活かせる方法を

探してみましょう。

パソコン関係が好きならプログラマーに

絵やデザインが好きなら

イラストレーターや

デザイナーがおすすめです。

興味のある分野が

見つかっていないという方は、

就活しながら考えてみると良いですよ。

求人案内を見ていると

自分では思いつかなかった

興味を持てる分野を見つけられます。

行動力や瞬発性を活かす

adhdの多動性は落ち着きがないなど

短所のように思われがちですが、

「フットワークが軽い」という

長所に置き換えられます。

そのフットワークの軽さを活かすことで

俊足に対応できたり

高い成果を発揮できます。

adhdの多動性を活かせる仕事に就けば、

誰にもマネできない行動力から

一目置かれる存在になれますよ。

行動力や瞬発性などの長所を活かせる仕事に

ぜひ就いてみてくださいね。

ネガティブにならない

adhdの仕事探しの注意ポイントは

ネガティブにならないということです。

adhdは向いてる仕事に就けない場合は

失敗を重ねやすくなります。

そのためこれまで仕事経験がある人は、

自分はダメなんだという

ネガティブ思考を持ちやすい傾向にあります。

このようなネガティブさは

向いてる仕事を見つけにくくなりますし、

就活で失敗しにくくなります。

「自分はこれが好き=向いてる仕事」

しっかり自信を持つことで、

仕事選びも成功につなげられるのです。

就職成功対策!adhdが向いてる仕事に就く方法

adhdが就職や転職を成功させるには

まずは向いてる仕事を考えてみましょう。

あなたの興味のある分野に就職することで、

ずっと働きやすい環境に変えられます。

さらに、adhdの人が

優良企業と巡り合うためには

自分の障害に理解のある会社を

見つける必要があります。

発達障害である場合は

障害者枠を使って就職する方が

企業のサポートを受けられるので

安心して働けます。

ただ、その分年収が低いという

デメリットがあります。

安心して生活するためには

満足できる年収をもらいたいですよね。

「働きやすい環境と好条件の求人」

このどちらも叶えて

就職や転職を成功させたいという方は、

発達障害で就職を

成功させている人の方法を参考に

仕事が続けられる職場を

見つけてみてくださいね。

⇒向いてる仕事を見つける!adhdにおすすめの就活方法はこちら