発達障害の就活における成功特徴とは?アスペルガーの仕事選び

発達障害の就活における成功特徴とは?アスペルガーの仕事選び

発達障害者の就活はとても困難だと言われています。

・何社受けても全く採用されない

・面接で必ず落とされる

そんな悩みを抱えているアスペルガー症候群の方は

多いのではないでしょうか。

発達障害があっても就活は成功するの?と思っている方に

その成功特徴をご紹介します。

発達障害の就活における成功特徴

発達障害者が就活で成功した職種とは?

発達障害の中でもアスペルガー症候群は、

ある特定の能力が一般の人よりも極めて高いため

興味のある職種を選ぶことで

就職成功を掴みやすいでしょう。

アスペルガー症候群の就活での成功特徴は、

・自分の興味を伝えられる仕事

・こだわりを活かして物を作る仕事

・専門分野の知識を発揮できる仕事

などの自分に向いている仕事に就くと

働きやすくなると言われています。

就活成功特徴1 自身の向いている仕事に就く

1つ目の就活成功特徴は、

自身の向いている仕事を選ぶことです。

アスペルガー症候群の発達障害には、

能力にとても顕著な凹凸が見られます。

業務内に得意なことが多ければ働きやすくなりますが、

苦手なことが多いときはミスばかりで仕事がつらい

と言った状況になってしまうことも。

働きやすい環境をつくるには、

就活成功特徴を活かして

自分の向いている仕事に就く

ということをおすすめします。

自分の興味を伝えられる仕事には、

・編集者や記者

・ディレクター

・カメラマンや写真家

などの職種があります。

こだわりを活かせる物作りの仕事には、

・プログラマー

・アニメーター

・デザイナー

・料理人

・整備士

などの職種があります。

専門分野の知識を活かせる仕事には、

・医師

・研究者や学者

・大学教員

などの職種があります。

自分の興味のある分野はどんなことか

自分の発達障害の特徴を知ることで、

就活成功へと結びつけられます。

就活成功特徴2 興味の幅を広げる

2つ目の就活成功特徴は、

自分の興味の幅を広げることです。

特定のものに強い興味を示すアスペルガー症候群ですが

自分は「これだけしかできない」と

能力を幅を狭めてはもったいないですよ。

もしプログラミングに関心があるのなら、

1つの言語だけでなく複数の言語を習得することで

就活の幅をグッと広げられます。

関心のある分野でさらにできることを広げることが

就活を成功させるためのポイントになります。

就活成功特徴3 発達障害者向けの支援サービスを活用

3つ目の就活成功特徴は、

発達障害者向けの就活支援サービスを

利用するということです。

アスペルガー症候群の方は見た目からでは

自分の症状が周囲にわからないため、

発達障害であることを隠して就活をする人もいます。

ただ、例えそれで就職が成功したとしても、

仕事の中でミスが続くと職場に自分の居場所がない

と言った状況を招いてしまいます。

仕事でミスを防ぐには自分が発達障害であることを

あらかじめ理解してもらっておくと

職場で適切なサポートを受けられます。

そのためには、発達障害者向けの

就活支援サポートの活用がおすすめです。

就活支援サポートは発達障害者に合わせて、

働きやすい仕事先を紹介してくれます。

あなたがやりたい仕事につけるまで

就活支援サポートのエージェントが

しっかりアドバイスをくれますよ。

⇒就活大成功!おすすめの発達障害向けの支援サポートはこちら

発達障害者は障害者枠で就活すべき?

知的障害を伴わないアスペルガー症候群の悩みの1つ。

就職先に自分が障害者であることを告げるかどうか。

たしかに、アスペルガー症候群であっても

発達障害者であることを隠して働くことは可能です。

ただ、発達障害による不得意な部分をカバーするには

職場にアスペルガー症候群であることを

告げることをおすすめします

自分の症状を職場に理解してもらうことで、

苦手な部分のサポートを得ることもできます。

働きやすくするために改善方法を

一緒に考えてもらうこともできます。

自分が発達障害であることを隠したい

そう思う気持ちは確かにありますが、

職場に配慮を求めることは

これから社会に出て生活するためにも必要です。

そのため、自分が働きやすい環境をつくることが

本当の就活成功と言えるのではないでしょうか

就活成功特徴を活かして

自分に合った仕事先を見つけてみてくださいね!

⇒就活の成功特徴を実践!発達障害アスペルガーの適職を見つける