コミュ障で仕事できない…。改善できる?それでもダメなときは

コミュ障で仕事できない…。改善できる?それでもダメなときは

コミュ障により仕事できない……。

そんな悩みを持っている人はいませんか?

コミュ障とは「コミュニケーション障害」のこと。

最近、よく耳にする言葉ですが、

当事者にとっては本当に大変なことですよね。

そんなコミュ障を改善する方法と

それでも駄目なときの対処法を合わせてご紹介します。

コミュ障で仕事できない!

最近、笑っていますか?

「コミュ障で仕事できない」

そんな悩みを抱えている方は、

きっと笑顔から遠ざかっているはず。

コミュ障の大敵は無表情です。

笑顔でコミュ障を改善していきましょう。

職場で笑顔を心がける

自分がコミュ障だと自覚している方は、

他人と会話をすることが苦手のはず。

・何を話して良いかわからない

・会話が噛み合わない

・相手が話しているのに割り込んで話してしまう

など、コミュニケーションに気になることが

あるのではないでしょうか。

コミュ障だと自覚すると仕事できない以前に、

人と話すことことに抵抗を感じるようになります。

そうすると自然とこわばった表情になるため、

周囲の人はあなたに話しかけにくくなります。

これではコミュ障を改善するどころか、

職場で孤立してしまう原因に。

コミュ障を改善したいなら

笑顔で過ごす習慣をつけることが一番。

楽しくないのに笑う意味がわからない……。

そう感じる人もいるかもしれませんが

あなたに話しかけたい人はいます。

相手が話しやすいように

居心地の良い雰囲気を作ることは

とても大切なことなのです

他人に興味を持つ

他人と何を話したら良いのかわからないという場合は、

そもそも他人に興味が持てない

という人もいます。

他人に興味がなければ

会話のネタが浮かびませんし、会話が続きません。

他人に興味がない人は単独行動が多くなるので、

協調性のない人間だと思われてしまい

職場仲間と一緒に仕事できないという

状況を作ってしまいます。

他人に興味が持てないときは、

意識的に会話するときに相手に興味を持つように

心がけてみましょう。

そのためには、相手の話しをよく聞く

ということがとても重要です。

話すことが苦手でも聞き手になることはできます。

相手の話しに相槌を打つ、

質問をしてみるなどを取り入れて

コミュ障を改善してみましょう

コミュ障で仕事できない。改善が難しいとき

コミュ障で仕事できないが

改善方法を取り入れてもダメだったという場合は、

転職を考えてみてはいかがでしょうか?

コミュ障を改善できない方は、

・職場や仕事内容がそもそも自分に向いていない

・発達障害で仕事できない

というケースが考えられます。

コミュ障の方は発達障害であるアスペルガー症候群と

共通することが多くあります。

発達障害を抱えていると、

・改善しようと思っても治し方がわからない

・そもそも空気を読むということが理解できない

など人間関係に悩まされることが多いでしょう。

まずは自分がアスペルガー症候群ではないか

チェックをしてみて改善方法を探したり、

単に職場に馴染めないという場合であれば

転職などを取り入れてみましょう。

⇒コミュ障で仕事できない!アスペルガーをチェックしてみる

人間関係がつらいというときは、

改善が難しければその場から逃げる

という方法を取ることも選択肢の1つです。

自分が楽しんで生活できるように、

その方法を考えてみてくださいね!