過剰同調性とアスペルガー症候群の関係性とは

過剰同調性とアスペルガー症候群の関係性とは

アスペルガー症候群と過剰同調性の関係を

知っていますか?

空気を読むことが困難なアスペルガー症候群は

過剰同調性とは無関係のように思われがちです。

しかし、空気を読めないからこそ、

他人に気を遣い過ぎているということもあるのです。

過剰同調性に悩むアスペルガー症候群とは

どのようなものなのでしょうか。

過剰同調性とアスペルガー症候群の関係

アスペルガー症候群と過剰同調性

空気が読めないアスペルガー症候群と

空気を読み過ぎることで生じる過剰同調性。

空気の読めないアスペルガー症候群が

過剰同調性になるの?

と思ってしまう方は多いようです。

しかし、空気読めないと言われる

アスペルガー症候群の方は、

子供のころからつらい人間関係の悩みを

ずっと抱え続けています。

障害のために空気の読み方が理解できない

という状態にも関わらず、

・人に気を遣わなければ

・しゃべらないようにしなくては

・周りを気にしなくては

・人の顔色を読まなくては

などと、ずっと同調するということを

考えているのです。

これによりアスペルガー症候群の方は

過剰同調性に陥ってしまう

ということが少なくないのです。

過剰同調性がひどくなると?

過剰同調性が進行すると、

解離性障害を引き起こしてしまう場合があります

解離性障害とは自分の中に

2つの自分が現れる症状だと言われています。

表の自分と裏の自分。

他人に接するときの自分と

裏で別の想いを抱えている自分が現れてしまい、

幻聴や幻覚、自分というものが

わからなくなってしまうこともあります。

解離性障害が進行すると多重人格を

引き起こしてしまう場合もあるというのです。

アスペルガー症候群は過剰同調性になりやすい

アスペルガー症候群の中でも

受動型のタイプは過剰同調性になりやすいのでは?

と言われていることもあります。

アスペルガー症候群は一般的に

対人関係に障害がある発達障害ですが、

「良い子でいよう」

「良い人になろう」

常に周りに気を遣い、顔色をうかがい

ストレスを抱えている方もいます

そのため、

周囲に無理に合わせようとする場合は、

過剰同調性に陥りやすいのです。

アスペルガー症候群で過剰同調性を防ぐには

アスペルガー症候群の方が

過剰同調性になることを防ぐには、

自分は十分頑張っている

ということを認めてあげましょう

・自分には障害があるから頑張らなくては

・トラブルを起こさないようにしなくては

きっと常に周りにアンテナをはっているのでは

ないでしょうか。

自分の障害を受け止め、努力をしているあなたは

とても頑張っています

きっと子供のころから

人の顔色をうかがっていたために、

無意識的に癖のように習慣づいているかもしれません。

もし自分は過剰同調性だと感じたら、

少し頑張り方を変えて

アスペルガー症候群を改善する方法に

取り組んでみませんか?

アスペルガー症候群の症状を改善することで、

人との関わり方が

ずっと楽に感じられるようになります

アスペルガー症候群の改善方法は

・専門医のもとでの治療

・周囲のサポート

・改善プログラムの活用

などがあります。

もしまだ試していないものがあれば、

ぜひやってみてくださいね!

⇒過剰同調性を防ぐ!大人のアスペルガーを改善する方法は?